365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意! ~ 糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因

砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意! ~ 糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因

糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因になる砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意!
健康になりたければ、「砂糖」控えよう!

私たちの食生活では、砂糖、甘味料が蔓延しています。
甘いモノを食べ続けていると、インシュリンの効きが悪くなり、慢性疲労、切れ易い性格、うつ気味になります。
中年以降になった時に、糖尿病、アルツハイマー型認知症、脳卒中、心筋梗塞になりますので、「砂糖」を控えましょう!

<砂糖、甘味料が入っている主なモノ>
洋菓子、和菓子、ケーキ、菓子パン
清涼飲料水、乳酸飲料、コーヒー
アイスクリーム
外食(レストラン、ファーストフード、中華料理など)
スーパー、コンビニのお弁当、惣菜

ゴディバのチョコレートドリンク
(*) 食べ過ぎ注意!美味しくても、砂糖の固まりです!

<砂糖が悪い理由>
◆麻薬効果
脳が糖の甘さを忘れられなくなり、無意識のうちに摂りたくなります。
菓子、パンはもちろん、外食や弁当・総菜に至るまで、砂糖がたっぷり入っているのは、その方が売れるからです。お客さんの健康のことは、考えていません。

◆腸内環境の悪化
砂糖が多いと消化しにくく、また、砂糖は悪玉菌のエサになるので、腸内を腐敗させる。

ガンになり易い
がん細胞の餌は、ブドウ糖なので、砂糖の過剰摂取はガンのリスクが高まります。

◆糖尿病の原因
◆低血糖症(血糖値の急上昇、急降下)による極度の疲れや眠気、イライラ、うつの原因

甘いモノを食べ続けていると、すい臓から分泌され、血糖を調整する役割のある「インシュリン」の効きが悪くなります。
インシュリンの効きが悪くなると、血糖値が急上昇します。血糖を下げようとして、インシュリンが大量に分泌されるので、すい臓に負担が掛かります。
インシュリンが大量に分泌されるため、血糖値が急降下して、「低血糖」 になります。
低血糖になると、自律神経が乱れます。交感神経が強くなりすぎて、脳にダメージが襲い、極度の疲れや眠気、イライラ、うつ、アルツハイマー型認知症を引き起こす原因になります。
頭がボーっとしたり、集中力がなくなったり、無気力になったりします。

◆アルツハイマー型認知症、脳卒中、心筋梗塞の原因
未消化物の砂糖(シュガークリスタル)が血管を傷付けることから、血管に炎症を起こし易くなります。また、糖が血管にこびり付くので、アルツハイマー型認知症、脳卒中、心筋梗塞の原因にもなります。砂糖のとり過ぎは、体内のビタミン、ミネラル不足を招き、冷え性、肩こり、便秘、アトピー、アレルギーなどの原因にもなります。
.

<甘いモノを控える方法>
◆甘いモノは、高級店で、少量摂るだけにする!
*コンビニ、スーパーで売っている菓子、菓子パンは一切買わず、高級店で少量買う。
*バイキングには行かずに、高級店で少量食べる。
*甘い飲料を水に変える。

◆砂糖を多用する外食は控える!弁当・総菜は買わない!
*消費者の健康に気を使っているレストラン、お店を使う。

◆糖の吸収を抑えるサプリメントを摂る!
*甘いモノを食べる時は、糖質の吸収を抑えるサプリメントを事前に飲んでおく。
糖質の吸収を抑えるグリーンコーヒー豆、グムネマシルベスタのサプリは、「i-Herb.com」でも購入可能です。

砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意! ~ 糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因
(*)糖の吸収を抑えるサプリメント、良質な甘味料の情報をお待ちしています!

<良質な甘味料>(一例)
アガベシロップ
ラカンカラカントS)・・・天然素材で、血糖値をほとんど上げない様です。
* 素焚糖
ココナッツシュガー
.

<関連投稿>
隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?
・・・これは私の実体験です。
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)【健康長寿オススメ良書】
・・・うつの原因は、低血糖症、ビタミン・ミネラルの欠乏との内容です。
.    上記「5時間糖負荷検査」を受けた新宿溝口クリニックの溝口院長の著書。
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】
  ・・・予防医学、健康長寿のバイブルというべき名著です。
◆ 糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】
◆ 1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
  ・・・2014年6月に開催された日本抗加齢医学会総会の講義内容を纏めたものです。

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。

https://www.facebook.com/choju.daisakusen

————————————–
.

隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?

隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?

隠れ糖尿病「低血糖症」とは?
その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?
.

「かくれ糖尿病」とも言われている低血糖症(血糖調整異常症)。 ブドウ糖を飲んだ後の血糖値を計測する「5時間糖負荷検査」で診断することが出来ます。
実は、先日の日本抗加齢医学会でも、糖質制限・低血糖症に関する講義を聴いて、自覚症状、家族歴があったため、「もしかして自分も低血糖症ではないか?」という疑問が浮かび、先日、5時間糖負荷検査を受けてきました。
正式な結果は、1カ月後に訊くことになっていますが、簡易検査の結果では、4時間後の血糖値が40台で、低血糖症は疑いの余地がありません!

<自分で低血糖症と疑った理由
最近5年間は、健康的な食事、ポジティブなメンタルなど、健康に気を付けた生活をしていましたが、以下の点から
*慢性疲労気味(10数年前より)
*食後、極度の眠気がある
*母が糖尿病
.
低血糖症とは?>
空腹時血糖値は正常値
なのに、食後、血糖値が急上昇して、その後、インシュリンが大量に分泌され、血糖値がジェットコースターのように急降下するのが低血糖症で、隠れ糖尿病とも言われています。
食後の高血糖時に、活性酸素が大量発生するため、血管に酸化ストレスを与え、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を誘発する
次に襲ってくる低血糖時に、脳に栄養(ブドウ糖)が行き渡らないため、脳がストレスを受け、アルツハイマー型認知症を誘発する
肝臓、副腎、すい臓の疲弊自律神経が乱れにより、ホルモン分泌が乱れ、慢性疲労、精神障害など様々な症状が出るという、大変厄介な病気です。

実はこの低血糖症、空腹時血糖値は正常値でも、自覚症状があれば疑ってかかるべきで、ある実験では「健常成人26人の5時間糖負荷試験を実施したところ、31%にあたる8例の方が 59 mg/dl以下の血糖最低値を取っていた」とのことです。
慢性疲労気味、食後に強い眠気がある、元気が足りない、気分が良くない、うつ気味
という方は、「低血糖症」検査することをオススメします。
.
<医師の間でも一般には知られていない低血糖症>
まず、私は会社の診療室の医師に相談したところ、「空腹時血糖が正常値の範囲なので、食後血糖値は測る必要がない!食後眠くなるのは当たり前!そんなに食後に眠くなるならアメをなめていれば良い!」と相手にされず、更に、会社の他の医師(顧問の内科医)も同様の反応でしたが、食後1時間後の血糖値だけは検査を受けることが出来ました。結果は139とそれ程高過ぎることはありませんでした。
食後血糖値を正確に調べるため、5時間糖負荷検査を受けようと思い、日本抗加齢医学会の講義で3回ほどお話をお聴きしたことのある溝口先生のクリニックで検査を受けることにしました。

<5時間糖負荷検査とは?>(新宿溝口クリニックの場合)
*検査前に、検尿、採血を行なう。
*ブドウ糖が入った飲み物を75g飲む。
*その後、血糖値検査のため採血(最初の2回は15分毎、次の5回は30分毎、最後の2回は60分毎に5時間)を行ない、体温、血圧、体調の変化を記録する。
*検査中はクリニックのリクライニングシート、又は簡易ベッドで横になり休息する。本を読むことも可能。
*検査費用は15,320円(税込み)。
*栄養検査(ビタミン・ミネラル欠乏等の検査)も別途費用を払えば可能。
*通常は2週間後(私の場合は他の検査も加えたので1カ月後)に、検査結果が出る。
*ブドウ糖液飲用後、2時間血糖値を検査する「ブドウ糖負荷試験」では、低血糖症を見逃されますので、5時間の検査が必要。
私の場合、3時間過ぎた辺りから、「疲れたけど眠れない変な症状」が出ました。看護士さんが簡易結果(4時間後の血糖値が40台)を教えて頂きましたので、低血糖症ということは間違いありません。

<低血糖症の原因は?>(私の場合)
あくまで推測ですが、以下の原因が考えられます。
◆甘いお菓子をたくさん食べてきた!
子供の頃から甘いモノが大好きで、特に、高校生の頃から、自分で買い物をするようになって、勉強しながらの「ながら菓子喰い」を毎日のようにしていました。菓子の「ながら菓子喰い」には要注意です!健康長寿を真剣に学び、実践し始めた5年前までは、甘いモノをたくさん食べていました。

◆ストレスの蓄積
水銀汚染(銀歯の下にアマルガムの残渣がある由)、過労離婚前の結婚生活など、ストレスが相当蓄積している。

◆睡眠不足!
長期間にわたり、睡眠が不足していたようです。

◆筋肉量が少なめ!
私は身長178cm、69kgで、肥満ではありません。が、筋肉量が多いとは言えません。

◆糖尿病の家族歴!
母が糖尿病で、父も母も脳梗塞になりました。低血糖症の人は脳梗塞になり易いので、両親共、低血糖症の可能性があります。
.

<低血糖症対策>
溝口先生によると、低血糖症で疲弊した脳、肝臓、副腎、すい臓の疲労回復、ホルモン分泌と自律神経の正常化を目指すため、十分な休息、食事療法、適度な運動習慣が必要とのことでした。一部、日本抗加齢医学会総会での講義内容、溝口徹先生の著書、その他HP等の情報を加え、対策を纏めました。

◆低血糖症対策(1)休息編
(1)ストレス回避と休息
ストレスに抵抗するホルモンを出す臓器 ”副腎“が、血糖調整に中心的な役割を果たしている。軽度なストレスでも副腎に負担が掛かると、血糖調整が不調になるので、肉体的ストレス、精神的ストレスを極力避けて、カラダを休める。

(2)十分な睡眠
血糖調整機能は自律神経によって調整されるので、夜11時までには就寝して、毎日8時間の睡眠を取る。熟睡するために、夜間のパソコンは避ける。

 

◆低血糖症対策(2)食事編
(3) 糖質を減らしておかずを増やす。糖質制限食にする。
炭水化物の量を減らして、良質なたんぱく質を多めに摂る。外食では砂糖をダシ、タレに多用しているメニューは避ける。ごはん、パンなど糖質を減らして、温泉卵、納豆などおかずを増やす。
糖質制限食については、「糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】」を是非ご覧ください。

(4) GI値の低い食品を摂る。果物を制限する。
白米は玄米に、白パンは全粒粉のパン、ライ麦パンに変えるなど、未精製の食品を摂る。ラーメン、うどん、そうめんも避ける。
副腎、肝臓、すい臓も疲労しているので、砂糖、蜂蜜、人工甘味料等を含む清涼飲料水・菓子類はNG。 果物も果糖が血糖を急上昇させるので、最小限にする(特に朝は避ける)。

(5) 食物繊維豊富な食材を摂る。
大麦・モチ麦、野菜、きのこ、海藻など、食物繊維豊富な食材を摂ると、血糖値が上がりにくい。
大麦・モチ麦のでんぷんの消化吸収速度は遅いので、玄米、白米に3割混ぜて食べると、過ぎの食事も血糖値が上がりにくい。

(6) 食べる順番を変える。GI値の低い食品から摂る
食物繊維の豊富な野菜、みそ汁、肉類、ごはん(糖質)の順番に食べる。

(7) 食べ過ぎない。
沢山食べ過ぎるとその分糖質も摂るので、食後血糖値が急上昇しやすい。(但し、徹底した糖質制限食の場合は、余程食べ過ぎない限り大丈夫)

(8) たくさん咀嚼してゆっくり食べる。
早食いをするとインスリンの働きが追いつかず、食後血糖値が急上昇しやすい。ひと口ごとにかならず箸をおく。

(9)カフェインを避ける。
カフェインは血糖を不安定にする
ので、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、チョコレートを避け、水・麦茶・ハーブティーに変える。

(10)サプリメントでの栄養療法
不足しがちなビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC、βカロチン、プロテイン等を補給する。・・・専門医による血液検査をオススメします。

 

◆低血糖症対策(3)運動編
(11) 食後20分程度早歩きする。

インシュリンを使わずに筋肉に糖を取り込むことで血糖値の上昇を防ぐ。
(12) 筋トレで筋肉量を増やす。
筋肉量を増やすことで血糖値の上昇を防ぐ。
(13) 低血糖の症状が出る前に身体を動かす(食後1-3時間後)。
低血糖になると、体は血糖値を上げようとして、交感神経を優位にするため、精神症状を引き起こす。低血糖の症状が出る前に交感神経を優位にすると低血糖の症状が緩和される。

 

◆低血糖症対策(4)体内の有害物質除去
(14)アマルガム除去
過去に治療した虫歯が多い方は、その中に、水銀を含むアマルガムが残留している可能性もあるので、専門の歯科医で治療する。

.
今回検査を受けた新宿溝口クリニック院長 溝口徹先生は、栄養学に大変お詳しく、多くの実証例のご経験も豊富で、多くの著書も出されています。
その1冊、「うつは食べ物が原因だった!」を纏めました。
ちょっと、慢性疲労気味、元気が足りない、気分が良くない、という方はもちろん、医療従事者、管理栄養士、教育関係者にオススメの本です!是非ご覧ください。

うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)
.
<溝口徹先生関連HP>
◆ 新宿溝口クリニック http://www.shinjuku-clinic.jp/
◆ オーソモレキュラー.jp  http://www.orthomolecular.jp/
(*)「オーソモレキュラー.jp」オープニング記念講演会が、2014年8月31日(日)に開催されます。(参加費無料)
. 詳細はこちら ⇒ http://www.orthomolecular.jp/info/seminar20140831/

<低血糖症に関するHP>
低血糖症とは?(新宿溝口クリニック )http://www.shinjuku-clinic.jp/konnakata/sugar_syndrome.html
◆低血糖症 その10 「低血糖症に対する食事のとり方」  http://chirotic.exblog.jp/16711549

.
溝口徹先生
.

<食生活・栄養関連の投稿>
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)【健康長寿オススメ良書】
◆ 砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意! ~ 糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因

◆ 1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
◆ 江戸時代の食事に戻ろう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート②】
◆ 腸内環境を改善しよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート③】
◆ 糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】
◆ 食べ過ぎない! 【健康長寿のための食生活 (1)】
◆ 全ての病気の原因は消化不良から! 【健康長寿のための食生活】
◆ 腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
◆ 大塚貢先生講演報告&動画
◆ 酵素断食(ファスティング)
.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)【健康長寿オススメ良書】

うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)【健康長寿オススメ良書】

◆うつは食べ物が原因だった!
◆新宿溝口クリニック院長 溝口徹先生
◆青春出版社
.

うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)

ちょっと、慢性疲労気味、元気が足りない、気分が良くない、という方はもちろん、医療従事者、管理栄養士、教育関係者は必ず読んでいただきたい本です!

私が、5時間糖負荷検査を受けた新宿溝口クリニック院長 溝口徹先生がお書きになっています。
なぜ私が、5時間糖負荷検査を受けたかというと、「食後に極端に眠くなる」「慢性疲労気味」という自覚症状があったからです。
「その原因は、食後に血糖値が急上昇、急降下するかくれ糖尿病では?」
と私自身が疑い、5時間糖負荷検査を受けようと決断した訳です。
診断結果は、1か月後に、他の血液中の栄養成分検査と合わせ、お聴きすることになっていますが、簡易検査の結果では、食後4時間後に低血糖になるということが判明しました。
正に、この本も、低血糖症の原因、対処法も書いてありましたので、早速購入しました。

「低血糖症」「5時間糖負荷検査」については、以下の投稿に纏めましたので、是非ご覧ください。
この隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?

.

<キーワード>
◆うつ、体調不良の原因の多くは、「低血糖症」「セロトニン不足」。
◆不足している栄養素を補うことで、病気を未然に防げる!
◆現代人は、未精製の糖質を摂り過ぎている!デスクワーク中心の人は、あまり糖質を摂る必要はない!たんぱく質、良質な脂質をもっと摂るべき!
.

<内容>
◆「うつ」を訴える人の食べ方4つの共通点
(1) 食べないタイプ: ダイエットをしている。食事を抜く。
(2) 糖質依存タイプ: ごはん、パンをよく食べる。お菓子をよく食べる。
(3) ドカ食いタイプ: 食べ過ぎる。
(4) 単品食いタイプ: 食べる物が偏っている人。

◆分子整合栄養療法「オーソモレキュラー療法」 
栄養のバランスを整えていく治療法。
血液の成分を細かく調べ、不足している栄養素を補うことで、細胞の分子バランスの乱れを整え、細胞の回復力を高め、病気や不調の根本治療に繋がる。
病気の手前の「未病」の段階で体の異常を見付けることで、病気を防ぐことが重要。うつ、睡眠障害、アレルギー、不妊症、慢性疲労などの改善に効果がある。

◆誤った生活習慣 
現代人は糖質(炭水化物)を摂り過ぎている反面、タンパク質が不足している。
デスクワーク中心の人は、あまり糖質を摂る必要はない。
肥満、糖尿病の人は、インシュリンの効きが悪くなる。インシュリンが過剰に生産されるため、すい臓に負担が掛かる。

うつ、体調不良の原因 「低血糖症」
食後に血糖値が急上昇、急降下するのが低血糖症。
低血糖症の症状は、うつの症状と極めて似通っている。
脳を良い状態で働かせるためには、血糖値(血中のブドウ糖の値)を一定にキープするのがポイント。食後に血糖値が急上昇、急降下する「低血糖症」は、脳に大きなストレスとなる。

◆低血糖症対策(1)食事編
(1) GI値の低い食品を摂る。
砂糖、菓子類は避ける。白米は玄米に、白パンは全粒粉のパンに変えるなど、未精製の食品を摂る。
(2) 食べる順番を変える。GI値の低い食品から摂る

食物繊維の豊富な野菜、みそ汁、肉類、ごはん(糖質)の順番に食べる。
(3) 糖質を減らしておかずを増やす。(糖質制限)
外食では砂糖をダシ、タレに多用しているメニューは避ける。ごはん、パンなど糖質を減らして、温泉卵、納豆などおかずを増やす。

◆低血糖症対策(2)運動編
(1) 食後20分程度早歩きする。

インシュリンを使わずに筋肉に糖を取り込むことで血糖値の上昇を防ぐ。
(2) 筋トレで筋肉量を増やす。
筋肉量を増やすことで血糖値の上昇を防ぐ。
(3) 低血糖の症状が出る前に身体を動かす(食後1-3時間後)。
低血糖になると、体は血糖値を上げようとして、交感神経を優位にするため、精神症状を引き起こす。低血糖の症状が出る前に交感神経を優位にすると低血糖の症状が緩和される。

◆うつ、体調不良の原因 「セロトニン不足」
脳内の神経伝達物質「セロトニン」が不足すると、やる気が起きない。
セロトニンを増やすためには、その材料となるアミノ酸、鉄、亜鉛、ビタミンB6を食事で取れるようにメニューを工夫して、更にサプリメントで補うと効果的。

◆亜鉛の役割、欠乏の原因
<亜鉛の主な役割>
体内の酸化防止。免疫力維持。低血糖症・糖尿病の予防(インシュリンの分泌調整)。アレルギー抑制。皮膚の乾燥予防。脱毛予防。精力増強(男性)。妊娠(女性)。
<亜鉛欠乏の原因>
加工食品、精製食品中心の食生活。ストレス過多。糖質過多。アルコール過剰摂取。薬物(ステロイド剤、抗けいれん剤、利尿剤、人工透析)。

◆ビタミンB群の役割、欠乏の原因
ビタミンB群の主な役割>
神経伝達物質の合成。ホルモンの合成。免疫系機能の維持。
ビタミンB群欠乏の原因>
加工食品、精製食品中心の食生活。ストレス過多。糖質過多。タバコ。アルコール過剰摂取。薬物(抗生物質、経口避妊薬、胃腸薬)。

◆ストレスの弊害
(1)ビタミンB群、亜鉛の欠乏
(2)男性ホルモン、女性ホルモンの欠乏
精神的ストレス、環境のストレス(天候の変化、人ごみ、飲酒、喫煙、過度の運動)などストレスに対抗するため、コレステロールを原材料に「コルチゾール」(ホルモン)を分泌して、ストレスに対抗するメカニズムがある。コルチゾールを作る際に消費されるのがビタミンB6をはじめとするビタミンB群。
コレステロールはコルチゾールだけでなく、男性ホルモン、女性ホルモンの原材料にもなるので、ストレスが続くと男性ホルモン、女性ホルモンが不足する。

◆コレステロールは悪者ではない!
高コレステロールの方が長生きという疫学データも出てきている。
<コレステロールの役割>

(1)細胞膜の形成
(2)脳内神経伝達
(3)男性ホルモン、女性ホルモンの原材料
(4)ストレスに対抗するためのホルモン「コルチゾール」の原材料

◆人間は本来何を食べてきたか!
◆私たちは何を食べるべきか!
人類が出現した400万年前から、農耕が始まる1万年前までの長い間、狩猟生活をしていた人類は、イノシシ、シカ、魚、木の実、海藻を摂っていた。
農耕が始った1万年前から、日本の食事が欧米化される数十年前まで、ヒエ、アワなどの雑穀、玄米など未精製の糖質が中心だった。
食生活に欧米化されてから、肥満、ガン、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病が増えた。
.
<溝口徹先生関連HP>
◆ 新宿溝口クリニック http://www.shinjuku-clinic.jp/
◆ オーソモレキュラー.jp  http://www.orthomolecular.jp/
(*)「オーソモレキュラー.jp」オープニング記念講演会が、2014年8月31日(日)に開催されます。(参加費無料)
. 詳細はこちら ⇒ http://www.orthomolecular.jp/info/seminar20140831/

溝口徹先生
.
<その他のオススメ良書>(抜粋)
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)

◆  「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)
◆ 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)

<食生活・栄養関連の投稿>
◆ 隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?
◆ 砂糖、甘味料の摂り過ぎ注意! ~ 糖尿病、低血糖症、認知症、うつの原因

◆ 1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
◆ 江戸時代の食事に戻ろう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート②】
◆ 腸内環境を改善しよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート③】
◆ 糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】
◆ 食べ過ぎない! 【健康長寿のための食生活 (1)】
◆ 全ての病気の原因は消化不良から! 【健康長寿のための食生活】
◆ 腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
◆ 大塚貢先生講演報告&動画
◆ 酵素断食(ファスティング)
.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

◆汚れた腸が病気をつくる
◆医学博士バーナード・ジェンセン著
◆ダイナミックセラーズ出版

汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)【健康長寿オススメ良書】

.
正に、予防医学、健康長寿のバイブルというべき名著です!
これを読むのと読まないのとでは、今後の人生が大きく変わります。本に書かれていることを実践すれば、ほとんどの生活習慣病に掛からず、健康で長生きするはずです。
著者バーナード・ジェンセン氏は、チェルノブイリ原子力発電所事故の時、ロシア政府の要請で半年間現地に滞在し、被爆者の解毒に貢献、多くの被爆者を救った解毒の権威です。
医療従事者、管理栄養士、行政関係者、食品業界従事者、一般消費者、、、全国民に是非読んでいただきたい本です!
.

<キーワード>
◆食生活の変化で、ほとんどの人の腸内環境が悪化している。
◆ほとんどの病気は、腸内汚染で体内に毒素が溜まったことが原因。
◆宿便を一掃して正常な腸に戻せば、多くの病気は回復する。

.
<内容>

◆宿便の弊害
質の悪い食生活と水不足のせいで腸壁に宿便がこびりつく様になると、腸の働きが弱まり、生命維持に必要な栄養素が不足する。
腸壁に蓄積した宿便は健康に害を及ぼす悪玉菌の絶好の繁殖場所となる。腸内での腐敗を促進し、腸壁に網の目の様に広がっている大腸の毛細血管は毒素などの有害な物質を吸い始め、全ての組織・器官が血液を通して有毒物質を取り込むようになる。

◆自然治癒力 
人間には自然治癒力という最高の治癒力が生まれながらにして備わっていて、どんな薬にもかなわないパワーを発揮する。
自分の排泄をきちんとさせるために、まず最初に気を付けるべきことは、口当たりが良いとか、美味しいというだけで、本当は体にとって無用のガラクタや有害な食品を見境なく口の中に投げ込むのは止めること。人間は体の中に衛生設備を持っている。清潔な水や食物を取り入れる上水管と、汚物を留め排泄する下水管の両方を清潔に保てば、病気にはならない。

◆誤った生活習慣 
正しい生活を送っている人なら、腸の心配をする必要はない。しかし、ほとんどの人の生活方法や食事のとり方は間違っている。まず第一に正しい食物を食べていないし、社会人になると車が中心で適度な運動をしていない。都会に住む人々はストレスが多く、新鮮な空気も吸わず、清潔で十分な水の補給もせず、日航も十分に浴びていない。人間本来の生活習慣から観て、私たちは正しくやっていないことが多過ぎる。これでは腸がきちんと機能するはずがない。実は、医師が全神経を傾けて治療にあたっている病気のほとんどが「間違った生活習慣」から生じたもの。私たち自身が新しい方法で健康を目指すことが最も大切。

◆便秘症の女性に多い乳がん
脂肪分が多く、繊維質の少ない食品を食べて便秘を続けていると乳がんになり易い。

◆便秘の原因
(1)動物性たんぱく質、脂肪、砂糖、精製小麦粉製品、白米の摂り過ぎ。
(2)食物繊維や栄養(ミネラル、ビタミン)不足
(3)排泄を我慢すること
(4)運動不足
(5)ストレス
(6)外部からの毒物(タバコ、薬、下剤)
(7)水分不足

◆便秘対策 
(1)朝起きたら、すぐ体温と同じくらいの温水をコップに2-3杯飲む。
(2)生活を規則正しくする。起床時間を一定にする。朝食を抜かない。朝食後は便意がなくても5分位はトイレに行く。
(3)水をたっぷり飲む。1日2リットル位。
(4)食生活を変える。食物繊維の多い食品を摂る。(玄米、いも、豆、海藻、きのこ、野菜、果実、ナッツ)
(5)毎日、軽い運動を規則的にする。特に、ウォーキング(45分以上)をすると腸の働きが活発になる。腸の具合の悪いという人のほとんどは運動をしない。

◆腸に憩室(大腸壁にできた袋)を作る食べ物
繊維質の少ない食事やインスタント食品を主体とするような生活が続くと、必ず憩室質が起きる。
パンやビスケット、チーズ等の乳製品や肉類をたくさん食べている人ほど、腸の状態は最悪だった。レントゲン写真を撮ってみると、「文明的な食事」をしている人の超には憩室(大腸壁にできた袋)が多く出来ている。パンなどの小麦粉製品を食べる時には必ず、野菜などの繊維質を一緒に摂るべきという結論に達した。

◆タバコの弊害
タバコは血液中の赤血球を破壊し、善玉菌や酵素も破壊し、老化現象を起こし、ガン細胞を作る。血管を硬くして動脈硬化などの循環器系の病気を起こし易くする。

◆ストレスの弊害、深呼吸で自律神経を整える
イライラして焦燥感があり、怒りぽいと自律神経が乱れるので、胃腸の働きを悪くする。
精神面が不安なときは呼吸が浅く、体内に取り込む酸素が少なくなっている。呼吸を正常にして精神面を整える方法がある。
一回の呼吸時間を長くして酸素をたっぷり含んだ空気を十分に吸い込む。
イライラした時だけでなく、寝る前、起床後、なれたら歩いている時も実行することで、自律神経を整える。

◆体に溜まった有毒な老廃物を排出する
生活習慣病をはじめとするどんな病気の治療法の中でも、腸の浄化は基本。衰えつつある健康を救うには、有毒な老廃物を出来るだけ早く取り除く必要がある。

<デトックス法>
(1)宿便を腸から排出する。
(2)毒素を生み出す食物を避け、排出と浄化を促す食べ物を食べる。
(3)断食。
(4)腸の洗浄。
(5)悪い食習慣から足を洗う。
(6)食事の量を減らす。
(7)協力者を周囲に置く。伴侶、親の理解、協力が必要。

◆腸内細菌叢を変える!
(1)食事の量を80%に減らす。間食をしないで胃腸を休ませる。
(2)パンや肉類を中心としたタンパク質や脂肪の多い食事は止めて、食物繊維を豊富に含んだ穀物、野菜、海藻、果実を中心にする。
(3)食事は感謝の心を持って楽しくいただく。新鮮な水をたっぷり飲む。
(4)ストレスを少なくし、プラス思考で明るく生活する。
(5)毎日適度の運動する。過激な運動を控える。ジョギングは40歳を過ぎたらやめて、毎日30分以上歩く。

◆朝一番のドリンク
大さじ2杯のリンゴ酢をグラス1杯のお湯に入れて飲む。脂肪を減らす働きがあるので、体重を落としたい人には是非オススメ。カリウムが豊富なので、心臓の働きを活発にして、膀胱の病菌を一掃し、腸の細菌叢を善玉菌優位に変えるのに役立つ。

 

医学博士バーナード・ジェンセン(3)

バーナード・ジェンセン – Wikipedia
以下、Wikipediaより。
健康的に暮らす方法を求める多くの患者のためにカリフォルニアに「ヒドゥン・ヴァレー・ランチ」を設立。 ここでは患者の治療と希望者に対し、講義と実地授業が行われている。
「長生きする人ほど、その暮らしぶりはシンプルだ」との持論を展開。
長生きの人たちは主として自然の野菜や果物など、加工されていない食物を食べ、揚げ物や肉は少量にし、規則正しい生活と適度の運動(労働)をし、明るく静かな満ち足りた気持ちで暮らしていると述べる。
「だれでも、人生を健康で心安らかに送る方法を知る必要がある」という信念に基づき、肉体と精神の両面での充実を重視している。
解毒の権威として有名であったが、さらにその地位を世界に認められるきっかけになったのは、次の出来事によるところが大きい。 チェルノブイリ原子力発電所事故の時、ロシア政府がアメリカに対し、是非バーナードをロシアに招きたいと嘆願。 医師として最初に、その弟子であるリンジー・ダンカンを連れ、チェルノブイリに入った。 その後、半年間滞在し、現地の被爆者の解毒に貢献、多くの被爆者を救った。
師匠は、コーン・フレークの発明で著名な、ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ。 現在、1番弟子のリンジー・ダンカンが、師の遺志を継ぎ、ジェネシス・ピュアという会社を設立し、3代に渡る研究をもとに開発したサプリメントをもって地球上の全人類の健康の実現を目指し活躍している。
.

<デトックス関連の投稿>
リンパの流れを良くする!
自然治癒力を高める温熱療法!
デトックスと栄養!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート⑦】

デトックス効果ならこれ! 国産カモミール100%
ハーブティーでデトックス!

.
<その他のオススメ良書>(抜粋)
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)
◆  「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)
◆ 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)
.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

.

私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介

私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介

毎朝、Facebookに朝食を掲載(2014年6月現在)しておりますが、朝食の特徴を纏めてみましたので、是非ご参考になさってください。
合わせて、参考になる「健康長寿大作戦ブログ投稿」も合わせてご覧ください!
.
私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介

◆スムージーを飲む!
4年半前、健康長寿研究の第一人者 順天堂大学大学院の白澤卓二教授にVita-Mixのご紹介を受け購入。毎朝飲んでいます。
なぜ生搾り野菜ジュースは健康に良いのか? 

◆野菜サラダ、果物を摂る!
安心安全で栄養価豊富な野菜をたくさん摂っています。酵素が減らないように、出来るだけ生(サラダ)で摂る様にしています。
無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん
なぜ旬の野菜は健康に良いのか?
「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)

◆軽めの糖質制限。低GI食!
ごはん、パンは摂る場合、雑穀米、玄米、全粒粉パンなど、血糖値が上がらない低GI値のモノにします。白米、精製小麦粉で作ったパンは摂りません。
糖質制限食の効果

◆良質な食材、良質な脂質を摂る!
加工食品は使いません。ドレッシングも手作りで、抗酸化効果のあるエゴマ油、エクストラバージンオイルなど良質な脂質を摂っています。
良質な食材を摂る! 

◆ミネラル、フィトケミカルを補給する!
手作りで良い食材を使っていても、ミネラルはまだ不足気味なので、「煮干粉」「ナッツ」などを追加しています。カレー粉、タマネギの皮の粉など、フィトケミカル(食物栄養素)も追加する時があります。
新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)

◆大豆を摂る!
納豆、豆腐、サラダに蒸し大豆を入れる、スムージーに豆乳を入れるなど、大豆を出来るだけ摂っています。
蒸し大豆 ~ 食事、おやつにオススメ!

◆発酵食品を摂る!
ミソ汁、納豆、キムチなど
発酵食品の魅力!

.
<朝食をご紹介します!>
私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介
 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介 私の朝食! ~ アンチエイジングな朝食例のご紹介
毎朝コーヒーも飲みますが、これは真似する必要はありません。
.
.
ご参考になりましたでしょうか?
ご質問、ご意見がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
(連絡先)info@choju-daisakusen.com
.

————————————–

<食生活関連の投稿>
1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
「酵素」の謎 (鶴見隆史先生) 【健康長寿オススメ良書】
食べ過ぎない! 【健康長寿のための食生活 (1)】
全ての病気の原因は消化不良から! 【健康長寿のための食生活】
腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
大塚貢先生講演報告&動画
新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】

酵素断食(ファスティング)

カレーは健康に良いって本当?
発酵食品の魅力!

蒸した長芋のチカラ/医食同源
空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生) 【健康長寿オススメ良書】

<安心安全な野菜関連の投稿>
無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県笛吹市)
「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの講演

リンゴ農家訪問 畔上義明さん(長野県高山村)

<野菜の栄養関連の投稿>
なぜ生搾り野菜ジュースは健康に良いのか? 
なぜ旬の野菜は健康に良いのか? 【野菜で健康】
野菜、果実を沢山食べよう!

良質な食材を摂る! 【健康長寿のための食生活 (6)】
抗酸化物質の豊富な食材を摂る!
フィトケミカルとは?

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

咀嚼力と健康長寿!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート⑩】

咀嚼力と健康長寿!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート⑩】

■第14回 日本抗加齢医学会総会レポート(第10回)
【10】咀嚼力と健康長寿!

食事が困難になる高齢者が急増しています。キザミ食、流動食になると、寿命が短くなります。しっかり噛んで、通常食を食べ続けることが、健康長寿のために必要です。

健康長寿大作戦 第14回 日本抗加齢医学会総会レポート

◆咀嚼力が寿命のバロメーター
高齢者になっても美味しく食べることが健康寿命を延ばす。
常食を食べることが健康で長生きする為には不可欠。キザミ食、流動食になると、寿命が短くなる。

◆不慮の事故による死因
不慮の事故で最も多いのは、窒息死で、溺死、転落、交通事故より多い。咀嚼力、飲み込む力が弱まり、パンを詰まらせて窒息する事故が最も多い。

◆高齢者の咀嚼力up法!
元気なうちから食生活を改善する、咀嚼力を高めることが重要。ゆっくり、しっかり噛むことで、高齢者でも固いモノを食べられるように出来る。

<私の意見>
咀嚼力が大事だということは知っていたつもりでしたが、「寿命のバロメーターになる」というのは大変興味深かったです。ゆっくり、しっかり噛みしめたいと思います。
「咀嚼の効果」について、過去項目を纏めたことがありますので、列挙します。
*腸内環境の改善
*脳の血流促進(認知症予防)
*自律神経の調整
*幸せホルモン「セロトニン」分泌
*消化促進
*虫歯・歯周病予防
*免疫力アップ
*脳の活性化(運動機能・瞬発力・記憶力up)
*認知症リスクの軽減
*味覚のアップ
*ダイエット効果
*食べ過ぎの予防。
*あごの発達、滑舌の向上

———————————————-
*このレポートは、2014年6月6日から8日までの3日間、大阪で開催された「第14回 日本抗加齢医学会総会」での講演会で聴講した内容を元に作成しています。
———————————————-

<参考投稿>
第14回 日本抗加齢医学会総会レポート
① 1975年の食事に近付けよう!
② 江戸時代の食事に戻ろう!
③ 腸内環境を改善しよう!
④ 糖質制限食の効果!
⑤ 痩せ過ぎ注意!輝く女性になる食べ方!

⑥ 薬膳・クルクミン効果! 
⑦ デトックスと栄養 !
⑧ 松尾流アンチエイジング調理法!
⑨ 健康長寿、介護予防のためには、適度な運動は不可欠!
⑩ 咀嚼力と健康長寿!
⑪ 見た目のアンチエイジング!
⑫ コミュニケーションの秘訣!
⑬ 思い込みを外して自分らしく生きる!
* キーワード

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.