365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



幸福感の高い理想の社会の実現を目指そう!

幸福感の高い理想の社会の実現を目指そう!

.
自尊心の高い社会の実現を目指そう!

実は、先日「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して」と題するNPO法人 ライフリンク代表 清水康之さんのご講演をお聴きしました!

清水康之さんは、元NHKのクローズアップ現代のディレクターとして、お仕事された時に、自殺の実態を報道したのを契機に、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して」、退職を決意され、NPO法人を立ち上げられました。

日本の自殺が多いという問題が、実は、日本人のこころの健康、生き甲斐、うつ、認知症にも深く関係していますので、メルマガで、みなさんにご報告します。

◆自殺の実態
「日本の自殺率は世界の中で第8位と高い」
(米国の2倍、イタリアの3倍、トルコの7倍)
「毎年3万人の方が自殺で亡くなっている」
「自殺は決して特別なものではなく、誰もが身近に起こりうる問題」
「自殺にはパターンがある」
「日本は問題解決能力が低い(対策が取られていない)」

◆自殺者523名の調査で判明した真の原因

自殺の直接的な原因は、うつ、生活苦という理由が多いそうです。
しかし、自殺者523名について、ご家族の協力を得ながら、清水さんのNPOで調査した結果、自殺の要因は70あって、うつ、生活苦以外にも、倒産、失業、DV、いじめなども含め、平均すると4つの原因で亡くなっている。
そして、自殺にはパターンがあって、同じ様な人が同じ様なパターンで、自殺で亡くなっていくことが分かったそうです。

◆自殺リスクが高まる時
「生きる促進要因」「生きる阻害要因」が上回った時、自殺リスクが高まるのですが、日本の「生きる阻害要因」がほかの国に比べて、特別に高いわけではありません。
むしろ、かなり低いはずです。
にも関わらず、日本の自殺率が高いのは、「生きる促進要因」が低いことが原因です。

<自殺リスクが高い状態>
生きる促進要因 < 生きる阻害要因

<生きる促進要因>
・将来の夢
・家族や友人との信頼関係
・やりがいのある仕事や趣味
・経済的な安定
・ライフスキル(問題対処能力)
・信仰
・社会や地域に対する信頼感
・楽しかった過去の想い出

<生きる阻害要因>

・将来への不安や絶望
・失業や不安定雇用
・過重労働
・借金や貧困
・家族や周囲からの虐待・いじめ
・病気・介護疲れ
・社会や地域に対する不信感
・孤独

◆トルコの実例
生きる促進要因に「信仰」があります。
トルコでは、自殺リスクが日本の7分の1と、非常に低いため、清水さんが現地を訪問して、ヒアリングしたそうです。
次の2つの理由で、困った時に自殺するという選択肢が思い浮かばないのだそうです。
【教え①】神に守られている。
人間は神からの授かりものである。神の授かりものである人間を、神が見放すわけがない。最後は神が守らないはずがない。
【教え②】困っている人を助けなさい。
困っている人を助けると、「徳」を積んで、良い状況で生まれ変われるという教えがある。困っている人を助ける姿が日常的にあるので、誰かが助けてくれるに違いないという安心感がある。

◆自殺率を下げる取組み
清水さんのNPOの署名活動などの働き掛けもあり、自殺対策基本法の改正が、超党派で進められています。
改正後は、国、地方自治体が、自殺対策に取り組むことが、責務となります。
その中で、最低限取り組む必要があるのが、地域特性の把握で、ハイリスクグループを特定して、原因分析をして、対策を取る必要がある。
自殺には、地域性があり、例えば、地方の場合、女性の高齢者の自殺が多い。
高齢者が、介護状態に陥り、自殺する女性が多いそうです。

◆日本で自殺が多い理由「TV報道」
日本で自殺が多い理由は、非常に複雑で、決してひとつではありません。
マスコミの責任も大きい。
TVドラマでも、簡単に自殺してしまうシーンが多く、改善する必要がある。

◆日本で自殺が多い理由「自尊心が低い」
他国と比較した調査では、日本人は「自尊心が低い」。
しかし実は、幼稚園では、他国と変わらず、小学校に入ると、学年を追うごとに、自尊心が下がるのだそうです。

◆豊かな社会とは?
豊かな死を向かえることが出来る社会が、「豊かな社会」と言えるのではないか。
死を向かえる瞬間「生きていて良かった」と思える社会を実現したい。

【感想】
これからの時代は、生きる促進要因を上げることで、生き甲斐、幸福感を感じ、こころの健康を保ち、結果として、自殺、うつ、認知症も大幅にすべて減る、そういう理想の社会を作りたいという思いを強くしました。

<これからの社会>
・夢実現に向かって生きる。
・仲間同士で、助け合い、応援しあって生きる。
・自分がこころからやりたいことを仕事にする。
・使命を持つ。
・仲間同士で、自給自足が可能な状態にする。
・人生を楽しむ。

<参考>
NPO法人 ライフリンクHP

http://www.lifelink.or.jp/
.

————————————–

<健康長寿大作戦 オススメ投稿>
◆ 「理想のコミュニティー」で永続可能な世界を実現する!
http://choju-daisakusen.com/?p=1209
◆ 子供の接し方【5】ひとり親にとっての「理想のコミュニティー」
http://choju-daisakusen.com/?p=3164
◆ 自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!(高野誠鮮さん、木村秋則さん講演会報告)
http://choju-daisakusen.com/?p=3480
◆ 日本の森を蘇らせよう! 「きらめ樹式 天然乾燥間伐法」
http://choju-daisakusen.com/?p=3456
◆ 自然豊かな土地への移住を考える!
http://choju-daisakusen.com/?p=1994

◆ 将来素敵な田舎に住もう! / 「長野県原村、蓼科高原」
http://choju-daisakusen.com/?p=3415


=教育、子育て、精神面=
◆ ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
http://choju-daisakusen.com/?p=1861
◆ 縄文人の生き方を学び、現代の生活に取り入れる!
http://choju-daisakusen.com/?p=2965
◆ 子供の才能を伸ばす接し方 / メンタルブロックを外す方法(亭田歩さん勉強会)
http://choju-daisakusen.com/?p=3196
◆ 「もし、余命半年だったら何をするか?」を考える!
http://choju-daisakusen.com/?p=2639
◆ 世界の中で日本(日本人)の果たす役割 (講師:林 英臣先生)
http://choju-daisakusen.com/?p=2715


.

————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
. 

自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!(高野誠鮮さん、木村秋則さん講演会報告)

自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!(高野誠鮮さん、木村秋則さん講演会報告)

自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!

ローマ法王に自然栽培米を献上されたことで有名な高野誠鮮さん
奇跡のリンゴの木村秋則さん

著名なおふたりから、
「これからは本物の時代」
「自然栽培が国策となる!」
「自然栽培で地方創生、日本創生ができる!」

という力強い言葉がありました。

私も、長野県原村に移住後、
自然農法の普及活動、
人工林間伐で森林再生活動
をしますので、大変勇気づけられました!
.
FullSizeRender
左から、高野誠鮮さん木村秋則さん、わたし
.

<キーワード>
◆ホンモノの果物・野菜を作ろう!食べよう!
◆自然栽培で地方創生、日本創生できる!
◆遊休農地は宝!

<キーワード>
◆ホンモノの果物・野菜は、腐らない!
◆ホンモノの果物・野菜を作ろう!食べよう!
一般的な果物・野菜は直ぐに腐ってしまう。
しかし、農薬、肥料を使わない自然栽培された果物・野菜は腐らずに、乾燥して、枯れることができる。

お米の場合、一般的な米を水に漬けると腐敗するが、自然栽培の米を水に漬けると、発酵食品「お酒」ができる。発酵食品は腸内細菌を作る。
自分のカラダに、腐敗するモノを入れるか、発酵するモノを入れるか、どちらが良いか明らか!

◆自然栽培で地方創生できる!
◆地方創生できると、日本が創生できる!

ローマ法王に、石川県の自然栽培米を奉納した。
世界はホンモノを望んでいる。
日本より国土が狭いオランダは、日本より50倍農作物を輸出している。
日本も自然栽培の農作物を増やせば、必ず再生できる。
政府の幹部も、自然栽培を国策に使用としている。
若い人ほど、自然栽培をしようとしている。特に女性が多い。
ネックは、農地を借りにくいこと。若い人が農地を借りるのを邪魔しないでほしい。

 

◆遊休農地は宝!
遊休農地には、農薬・肥料が使われていないので、早く自然栽培が可能。

FullSizeRender (1) FullSizeRender (2) FullSizeRender (3)

◆修業(修行)とは、行って、修正すること!
◆何度も何度も失敗して良い!
◆失敗したくなければ、何もしなければ良い(高野誠鮮さん)
新しいことを始めると何度も失敗する。
私も、羽咋市(石川県)の過疎の村を立て直しするために、やったことは、失敗の連続だった。
何度も何度も失敗する。でも、そのうち、カラダが覚えてくる。五感を使うことが大事。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆
貴重な講演の内容を
後日、加筆します!!!

————————————–

<健康長寿大作戦 オススメ投稿>
◆ 日本の森を蘇らせよう! 「きらめ樹式 天然乾燥間伐法」
http://choju-daisakusen.com/?p=3456
◆ 「理想のコミュニティー」で永続可能な世界を実現する!
http://choju-daisakusen.com/?p=1209
◆ 自然豊かな土地への移住を考える!
http://choju-daisakusen.com/?p=1994

◆ 将来素敵な田舎に住もう! / 「長野県原村、蓼科高原」
http://choju-daisakusen.com/?p=3415

◆ ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
http://choju-daisakusen.com/?p=1861

=自然栽培=
◆ 自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!(高野誠鮮さん、木村秋則さん講演会報告)
http://choju-daisakusen.com/?p=3480
◆ 「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの講演
http://choju-daisakusen.com/?p=2004
◆ 自然栽培(無農薬、無肥料)のホンモノの日本茶を飲もう!
http://choju-daisakusen.com/?p=3557
◆ 無農薬野菜栽培農家 吉田稔さん(富山県)
http://choju-daisakusen.com/?p=1884
◆ 無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県)
http://choju-daisakusen.com/?p=1964
◆無農薬野菜農家訪問 オルトアサマさん(長野県軽井沢町)
http://choju-daisakusen.com/?p=2836

=野菜と健康=
◆ なぜ生搾り野菜ジュースは健康に良いのか? 【野菜で健康】
http://choju-daisakusen.com/?p=56
◆ なぜ旬の野菜は健康に良いのか? 【野菜で健康】
http://choju-daisakusen.com/?p=53
◆ ミキサーで作る健康長寿野菜スープ!
http://choju-daisakusen.com/?p=2987
◆ 蒸した長芋のチカラ/医食同源
http://choju-daisakusen.com/?p=959

=食育全般=
◆ こどもの食を考える!(講師:大塚 貢先生)
http://choju-daisakusen.com/?p=3258
◆ 1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
http://choju-daisakusen.com/?p=2129
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】
http://choju-daisakusen.com/?p=1717


.

————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
. 

こどもの食を考える!(講師:大塚 貢先生)

こどもの食を考える!(講師:大塚 貢先生)

健康長寿研究の第一人者 白澤卓二先生(順天堂大学 大学院教授)の勉強会に参加しました。
.
テーマ: 『非行・犯罪に走るこどもの食を考える』
講師 : 大塚 貢さん(元 長野県真田町教育長)
.
給食を変えたことで、真田町の小中学校では、イジメ、不登校、非行・犯罪がほとんど無くなった、学力も上がったなど、具体的なエピソードをお話いただきました。
現在構想中「理想のコミュニティー」ひとり親家庭と元気な高齢者のための集合住宅才能を伸ばす託児所ヘルシー食堂)の実現に向けて、大塚さんのお話も大変参考になりました。

IMG_9570

〈なぜ、給食を変えて、非行・犯罪が無くなったのか?〉
食事が悪いと、血液を濁らせ、血流を阻害するので、脳の機能が低下して、正常な判断が出来ない。
食事を変えることで、脳の機能が改善して、やって良いことと、悪いことが、人間として分かるようになってきた。

〈変えた給食の中身〉
パンを米飯に変えた。無農薬の米。発芽玄米を10数%配合。
◆おかずは、旬の野菜、小魚・青魚中心。地元の顔の見える食材中心。
◆肉料理は家庭で出るので、給食では出さない。
農薬、防腐剤、化学調味料の入らない食材に変えた。
◆脳や内蔵、血管の働きを活発にする食材(旬の野菜、オメガ3が豊富な青魚など)に変えた。
IMG_9575
(*)小魚・青魚も、料理の仕方次第で、人気メニューになる。

〈給食を変えた効果〉
◆非行・犯罪が真田町ではゼロになった。
◆イジメも無くなり、不登校生徒も劇的に減った。
(真田町の小学校はゼロ。中学校も真田町全体で2-3名いるかいないか)
アトピー、アレルギーの生徒もほとんどいなくなった。
学力が上がった。生徒の学ぶ意欲が上がった。
国語、数学、英語の学力テストで、全国平均と比較して、大幅に上回っている。
IMG_9613
(*)成績順に3分類して、真田町、全国平均を比較。真田町では、成績不振者(Cランク)がほとんどいない。

〈日本の子供たちの健康面の問題点〉
◆子供たちも生活習慣病の予備群が増えている。(高校生男子の44%)
◆凶悪事件が増えている。(食事の影響が大きい)
◆奇形児、発達障害児(自閉症、ダウン症)が増えている。
(発達障害児は2倍に増加)
◆奇形精子、奇形卵子が増えている。【写真参照】

〈肉食、農薬・食品添加物の弊害〉
◆無駄な脂肪が付き易い。
◆脂肪に有害物質(残留農薬、食品添加物、ダイオキシン等)を蓄積する。
◆残留農薬で脳が侵される。
メキシコの事例で、農薬を使う地域、使わない地域の子供たちの絵を比較すると一目瞭然の差が出た。【写真参照】
◆血液を濁らせ、血流を阻害するので、脳の機能が低下して、判断が狂う。
◆給食で出されるもの、コンビニで売られているものは、腐らない、カビが生えない。
(パン、ハンバーガー、大福餅など、実物説明)

IMG_9612
著者  『 給食で死ぬ!』

〈中学校校長時代のエピソード〉
=給食を変える前=
◆中学校校長に赴任した時、非常に荒れていた。
廊下にタイヤ痕。タバコ。非行犯罪。いじめ。不登校生徒 数十人。先生も疲れ果てて、数名不登校になっていた。
◆授業を劇的に変え、授業は魅力的になった。
不登校生徒は減ったが、切れる生徒は相変わらず、多かった。
◆生徒は、血液をキレイにするもの、脳に血液が回るものを食べていなかった。
◆生徒の食生活を調査した結果、コンビニ弁当、加工食品(カップラーメン、菓子パン、ハンバーガー)など、防腐剤、化学調味料の入った味の濃いモノを食べていたことが判明。
◆保護者に、家庭の食事を変える様に訴えたが、変わらなかった。
◆給食も、肉料理、パン中心だった。
◆先生達の反対も多かったが、魚、野菜の多い米飯給食に変えた。

=給食を変えた後=
◆タバコはほとんど無くなった。不登校生徒が、60-70名いた不登校生徒が、2名に減った。
非行犯罪が2年目にはゼロになった。やって良いことと、悪いことが、人間として分かるようになってきた。
イジメも無くなった結果、不登校生徒が劇的に減った。
◆学力が上がった。
◆子供たちが、本を読むようになった。図書館がガラガラだったが、満杯になった。
◆合唱もほとんど歌っていなかったのが、みんな大きな声で歌うようになり、入賞するようになった。
◆小浜市も給食を変えた結果、学力が劇的に上がった。
国語、数学、英語の学力テストで、全国平均と比較して、大幅に上回っている。市町村単位では全国トップ。特に、各教科とも、点数が低い生徒がほとんどいないのが特徴的。
生徒だけでなく、先生の教える意欲も上がった相乗効果が大きい。

〈給食を変えられない理由〉
◆業者との癒着がある模様。
◆給食を変えようとすると、様々な嫌がらせ、誹謗中傷を受ける。

〈会社の食堂も変えると社員のやる気が出る〉
◆生徒のやる気、成績が上がるのと同じ理屈で、社員のやる気が上がる。

IMG_9586

IMG_9591
(*)白澤先生の勉強会では、懇親会も魅力的です。

====健康長寿大作戦 オススメ投稿====
<関連記事>

大塚貢先生講演報告&動画
1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県)
ミキサーで作る健康長寿野菜スープ!
ひとり親にとっての「理想のコミュニティー」
.
<その他オススメ記事>
子育てで必要な心構え
ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
将来素敵な田舎に住もう! / 湧水、自然の宝庫「長野県安曇野市」
縄文人の生き方を学び、現代の生活に取り入れる!

————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

.

これを食べてはいけない (第5回船瀬塾参加報告)

これを食べてはいけない (第5回船瀬塾参加報告)

第5回 船瀬塾
テーマ:「これを食べてはいけない」

開催日:2014年9月28日

医療、食、環境など、現代の隠された情報を発信することで著名な船瀬俊介さんの講演 第5回船瀬塾に参加しました。テーマは「これを食べてはいけない!」
概略だけですが、お伝えします。

健康長寿大作戦 船瀬俊介先生

◆少食、1日1食のススメ 
◆空腹感は最高の栄養素
空腹感を楽しむと長寿遺伝子にスイッチが入る。
長寿遺伝子にスイッチが入ると、活性酸素から細胞・DNAを守る膜が細胞の周りに出来る酵素が働くので、細胞の酸化、DNAの損傷を防ぐことが出来る。
マウスは腹6分で2倍長生きしている。
アーユルヴェーダでは、「腹8分で医者いらず腹6分で老いを忘れる腹4分で仏に近付く真人は光によって生きる(氣を取り入れ、太陽光を浴びて生きる)」ということが分かっており、昔の偉人は、古今東西、少食でベジタリアンだった。
70歳でデブ(肥満)の人は少ない(それまでに・・・)。

◆ソマチッド理論
動物、鉱物の中に存在する不死の生命体で、16段階に変化する。
太陽エネルギーが、経絡を通って、ソマチッドが赤血球になり、体細胞になる。空腹時には体細胞が赤血球になり、栄養になる。
ソマチッドは人の気持ちでも変化する。だから気持ちの持ち方が重要!

◆和食のススメ
五高食(カロリー、脂肪、たんぱく、砂糖、精白)、肉食がガンや生活習慣病を高めること、和食が良いことは、米国ではマクガバンレポートで知られている。

◆日本の力
江戸時代、日本の教育レベルは非常に高かった。寺子屋が全国にあり、識字率は80%と高かった。明治時代に、車夫が休憩時間に本を読んでいる姿を見て、欧米人が驚いた(当時欧米では労働者階級は教育を受けていなかった)。
また、当時日本に来た外国人は、江戸の街並み、庭園の美しさに感動した。

◆肉を食べるとスタミナがダウンする。腸内が腐敗する。
マウスに肉を与えるとスタミナがダウンする。明治初期に玄米食の車夫が東京から日光まで休まず走り通したことに感心した外国の栄養学者が、車夫に肉を与えたところ、とたんにスタミナがダウンした。
肉が胃腸に入ると異常発酵して腐ることは、昔の人は知っていた。「腐」の府は「腑」(主に消化器系の臓器)の意味で、胃腸に肉が入ると腐ることを、漢字が物語っている。

◆避けるべき食品
遺伝子組み換え食品、米国産牛肉、牛乳、マーガリン、青々とした野菜(肥料過多)、マーガリン、砂糖、コンビニ食品、味の素(神経細胞の損傷)、カップ麺、缶詰、水道水、ペットボトル茶(農薬)

◆避けるべき調理器具
電子レンジ、サランラップ・クレラップ、テフロン加工鍋、アルミニウム鍋

◆オススメ食品
無農薬番茶、すりごま、海苔、梅干(無添加)、醤油、玄米

◆米国でのマイクロチップによる全国民管理計画
オバマ政権で、全国民にマイクロチップを埋めて、管理する法律が通った。

◆5つの健康法
少食、笑う、感謝する、深呼吸(ゆっくり吐く)、筋トレ(運動)

◆エボラ出血熱、デング熱
昨年もあったが、今年になって騒いでいる。これは、全国民にワクチンを打たせようとしている前触れ。代々木公園が閉鎖されたのは、原発反対運動が計画されていたから。

◆ロスチャイルドが大躍進した逸話
ロスチャイルドが英仏戦争で、英国がフランスに勝利した情報を馬車、伝書鳩、光信号で本国に伝えて、英国国債を買って大儲けした。実際には、一旦国債を売却して、その後、他の大富豪が慌てて売却して25分の1に暴落したタダ同然の国債を買って大儲けした。
世界のほとんどの国の通貨発行機関は民間に委託されている。日本銀行を含め、世界の主要国の通貨発行権は、民間(ロスチャイルド、ロックフェラー)が持っている。

◆船瀬俊介さんオススメ本
①秘密結社の謎
②ハイジャックされた地球を99%の人は知らない
健康長寿大作戦 船瀬俊介先生

詳細はDVDをご購入の上、ご覧ください。裏情報、ダジャレ満載の講演はもちろん、講演資料も手に入ります。
次回船瀬塾は10/25(土)。オススメです!!!

<船瀬俊介さん関連>
公式HP : http://funase.info/
船瀬塾申込み、DVD購入HP : http://wonder-japan.com/shop/products/list.php?category_id=12

<関連記事>
◆ 『やってみました! 1日1食』(船瀬俊介著、三五館)
◆ 病気を癒す5つの方法「少食」「笑い」「感謝」「長息」「筋トレ」 by 船瀬俊介さん
.
====健康長寿大作戦 オススメ投稿====
断食で免疫力向上!(昭和34年創設 信貴山断食道場)
内海塾 第2回「代替療法と解毒法」参加報告
量子物理学の測定器で、自分の体質に合った食材を知ろう!
アーユルヴェーダに学ぶ7つの生活の知恵!
東洋医学の源流 アーユルヴェーダの魅力!
隠れ糖尿病「低血糖症」とは? その診断に必要な「5時間糖負荷検査」とは?
日本の財政状態と超少子高齢化


<デトックス関連の投稿>
リンパの流れを良くする! 【デトックス】

汚れた腸が病気をつくる【健康長寿オススメ良書】
自然治癒力を高める温熱療法!
デトックスと栄養!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート⑦】

デトックス効果ならこれ! 国産カモミール100%
ハーブティーでデトックス!

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

.

世界の中で日本(日本人)の果たす役割 (講師:林 英臣先生)

世界の中で日本(日本人)の果たす役割 (講師:林 英臣先生)

政経倶楽部連合会  第45回千葉例会
テーマ:「世界の中で日本(日本人)の果たす役割 」
講師 : 林 英臣先生
開催日: 2014年9月17日(水)

友人からのススメで、政経倶楽部連合会の講演会に初参加。

「日本とはどういう国か?」
「日本人とはどういう考え方、思想、信念を持っているか?」
「武士道とは?」

という、私が知りたかったことを知れた、素晴らしい講演をお聴きしました!

健康長寿大作戦 林英臣先生

【概要】
今、世界が日本にあこがれを感じている!
◆日本人の心の原点とは?

 

【講演内容】
<今、世界が日本にあこがれを感じている!>
「行き詰った西洋文明をどうすれば良いか?」 その答えを東洋、特に日本に求めている。
江戸末期、明治時代に日本に来た外国人が感じた記録に残っている。
「日本人は笑顔が素敵」
「あいさつをしてくれる」
「親切」
「思いやりがある」
「モノを取られる心配がない(逆にモノを店に忘れると届けてくれる」
「言い争い、汚い言葉が少ない」(競争社会・成長を求められる)

<まず日本を知ろう!>
海外駐在した人は、帰国後、日本のことを知りたくなる。
「日本とはどういう国か?」
「日本人とはどういう考え方、思想、信念を持っているか?」
「武士道とは?」
と外国人に問われるので、改めて、日本のことを知りたくなる。
これから、激変が予想される世の中に、どの様な考えで対処すべきか、その答えは、日本思想にある。

<和の精神>
日本人の思想を一言で表すと、「和」になる。
和とは、訓読みで、「やわらぐ」、「なごむ」。円満で充足している、力がみなぎり、ワクワクしている、という状態を表している。(因みに「わ」は音読み)
自分の中に、会社の中に、組織の中に、和の精神、和のテイストを取り入れると良い。

2020年の東京オリンピックで、本当の日本を世界に紹介するチャンス。歴史的イベントとなる。

<日本思想の根本>
(1)ミナカ(中心)
(2)タテイト(連続性)
(3)大きなワ(輪・和)
原点を尊び、中心がしっかりしている。タテに繋がる営みを重視する。創業者の企業理念をしっかりと伝える日本の会社は、歴史が長い会社が多い。

<日本人の心の原点とは?>
(1)縄文神道
*太陽(ヒ)を拝む。
*大地(ツチ)に感謝する。
*命(イノチ)に感動する。
*先祖(チスヂ)を祭る。
*あらゆる物に霊性(ミタマ、命、魂)がある。物と心は一体。

(2)武士道
とは、自分の心を中心(組織のビジョン)に合わせる
とは、筋を通す。根本・原点に沿って生きる古事記によると、「宇宙を進化させる(世の中をより良くする)ことが人間の役割」と読み取れる。その考えに自分を合わせる。

(3)積極進取の民族性
海外文化に磨きをかけて日本化することを昔から行ってきた。
元々日本人(縄文人)は日本に住んでいた。日本人が弥生文化を大陸から取り入れた。
鉄砲が種子島に伝来して1年後には日本中で生産され、70年後の大坂の陣では、世界一の鉄砲保有国になった。
黒船が来航してから、3つの藩(薩摩藩、佐賀藩、宇和島藩)が鉄製の船を作った。50年後には世界の5大列強国となった。

<世界が求める日本の技術と精神>
*精密部品、精密機械
*公害対策技術
*おもてなしの心(物にも命が宿されている、あらゆるモノが尊いという思想が根底にある)

<世界の行き詰まりを救うモデル国家になろう!>
略奪膨脹型資本主義、競争社会から、公益経済、公益経営への転換が重要。
(1)天本主義
天地自然の働きを尊重する。経済的利益を優先して、地球環境を破壊する社会は長く続かない。
(2)地本主義
地域経済、地産地流地消を重視する。作る人はホンモノを作る、ファンを増やす経営をする。
(3)人本主義
人が幸せにならなければならない。

 

健康長寿大作戦 林英臣先生
懇親会でも、念子(ねんし)(念ずる力。量子エネルギーの一種。何かを成し遂げる人には、本人を超えた力が宿る。)、日本の教育改革は、まず自分たちが出来るところから変えていくことが重要。経営者であれば、まずは社員教育を充実させることが重要、など貴重なお話を頂きました。

<関連HP>
林 英臣氏 : http://www.hayashi-hideomi.com/
政経倶楽部: http://www.seikei-club.jp/

.
<オススメ記事>
日本の財政状態と超少子高齢化
10年後の消費税比率は20%! 解決策は道州制?
私の夢「未来型高齢者住宅」「未来型託児所」
ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
「もし、余命半年だったら何をするか?」を考える!
植林事業「いのちの森の防潮堤」宮脇昭先生に学ぶ!
.

————————————–
【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

笑いと健康 / なぜ笑うと、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくいのか?

笑いと健康 / なぜ笑うと、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくいのか?

主催: NPO法人ラフターヨガジャパン 3周年記念講演
講師: 福島県立医科大学
医学部疫学講座 大平哲也教授
先生ご自身は、2005年、ラフターヨガがニューヨークで流行っているという記事で、初めて」ラフターヨガを知ったそうです。
笑いと健康に関する研究の第一人者だけあって、大変ユーモアにあふれたお話でした。(ユーモアが記載できずに残念です)

<ポイント>
◆よく笑う人は、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくい!
◆よく笑う人が、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくい理由
◆どうすると笑えるか?

<講演の主な内容>
◆よく笑う人は、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくい。
逆に、笑わない人は、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりやすい。

◆笑いの効用
なぜ笑うと、ガン、認知症、心疾患、脳卒中、糖尿病になりにくいのか?
(1) ストレスホルモンが減少する。
(2) 幸せホルモン セロトニンが分泌される。
(3) 副交感神経が優位になる。
(4) NK細胞が活性化する。
(5) 血糖値が安定する。
(6) 脳の血流が増える。
(7) 右脳が活性化する。
(8) 頭が空っぽになる。
(9) 腹式呼吸になり、内臓をマッサージする。

◆どうすると笑えるか?
(1) 普段から積極的に会話をする。
よく話す人ほど、よく笑う。会話の量、笑う回数は相関関係がある。
因みに、米国人は、会話の量、笑う回数ともに男女ほぼ同じだが、日本人の場合は、男性は女性より、会話が少なく、笑う回数も少ない。男は寡黙なのは、損するので、出来るだけ会話、笑いを増やしましょう。

(2) 心地良い人と一緒にいる。
当然と言えば、当然。一緒に居たくない人と、出来るだけ距離を置く。

(3) 笑顔を意識して作る。
鏡の前で、毎日10秒間、10回笑顔を作ってみる。すると、気持ち良く笑えるようになるので、自然と笑いの回数も増える。

<キーワード>
*笑いは他人に伝染する!
*笑う門には福来る!
*(作り)笑顔の絶えない家庭を作ろう!

.
<関連HP>
◆ NPO法人ラフターヨガジャパン

(*)ラフターヨガには3回参加したことがあります(2014年9月16日現在)。 ストレス解消法としては、費用対効果、抜群です!全国各地で沢山実施されていますので、是非1度お試しください!オススメです!
.
<笑いに関する記事>

◆ ラフターヨガ(第11回健康長寿セミナー報告)
◆ なぜ、笑顔が美容と健康にいいのか?

安藤純介先生2
(*) ラフターヨガの様子です。
.

————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

1 / 512345