365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



米ぬかと籾殻で簡単に出来る発酵堆肥の作り方

米ぬかと籾殻で簡単に出来る発酵堆肥の作り方

「医食同源」
「人のカラダは食べたモノで出来ている!」

と言いますので
毎日の食べるモノに気を配って
農園やプランターで野菜を作ったり
近い将来作りたいとお考えの方も
多いかと思います。

その時に必要なのが土作り!
微生物豊富な土を作ることが
とても大切になってきます。

発酵堆肥は微生物の宝庫。
質の良い堆肥を沢山作って
美味しい野菜や果物を育てて
人にも地球環境にも優しい
生活をしよう
と目指していましたが

ぼくも、八ヶ岳・原村に移住して
6年間経って
ヌカと籾殻を原材料とした
発酵堆肥づくりに成功しましたので
みなさんにもシェアさせていただきます。

原材料は、米ぬか、籾殻(重量比1:1)
これに水と、もしあれば畑の土
これを1日1回、シャベルで混ぜて
酸素を入れてあげます。

そうすることで
籾殻に付いている微生物が
米ぬかを栄養にして爆発的に増えてきます。

冬場はビニールをかぶせることで
標高1270mの極寒の原村でも
順調に堆肥が元気よく増えています!

発酵堆肥づくりをすると
自然と微生物がカラダの中に
入ってきます。

ワクチン、ウイルスの専門家
本間真二郎先生の講演会でも
「人間の免疫系の正常な発達と維持には
微生物との接触が必要。
アレルギー、膠原病、自己免疫疾患
うつ、生活習慣病など
現代病の根本は微生物を遠ざけていること」
というお話しがありました。

【YouTube動画】
発酵堆肥づくりの様子は
こちら「冬でも出来る堆肥作り♪」
をご覧くださいね!
https://youtu.be/4_N8R1HUIE4

畑やお庭がある方は
発酵堆肥づくりにも
チャレンジしてみてください!

また、堆肥づくりの現場を
ご覧になりたい方は
メールでお知らせくださいね♪
info@choju-daisakusen.com

<補足>
当初は畑で耕運機を使って堆肥を作り始めました。
標高1270mの高地ですので
極寒の12月に入り
表面がカチンカチンに凍結して
発酵も進まなくなり
耕運機も使えなくなりました。

庭に一部の堆肥を移して
シャベルで攪拌しようとしましたが
畑と同じく、表面が凍結して
発酵しなくなりました。

「堆肥づくりは春まで待とう」と
諦めかけていたところ
透明なビニールを掛けて
新しい米糠、籾殻も混ぜて
再度チャレンジしたところ
しっかりと堆肥を作ることが出来ました。

極寒の原村で、冬でも堆肥を作れることが分かりました♪

実は、会社員時代に
子会社が養鶏場を数カ所運営していました。
養鶏場では鶏糞を堆肥センターで大規模に機械で攪拌することで
鶏糞発酵堆肥を作っていました。

何しろ、1日、20-30tの鶏糞が
出てきますので、大規模な堆肥センターです。
養鶏場は黒字経営が難しく、閉鎖していく傾向にあります。

もし
閉鎖したばかりの養鶏場があれば
そこにある使われていない堆肥センターで
米糠、籾殻で楽々に超大量の優良な堆肥を
作ることが出来ます♪

無農薬で農業をしやすくなる
作物が美味しくなる
地球環境も改善する
森林再生が出来る
人も健康になるので

ぼくもそういうプロジェクトを
お手伝い出来ると良いなぁと思っています♪

動画「ケイシー療法 〜 オオバコ茶の作り方」遠藤聡哲先生

動画「ケイシー療法 〜 オオバコ茶の作り方」遠藤聡哲先生

オオバコ茶の作り方

ケイシー療法びわの葉温灸など
自然療法で、ガンなど
病気の治癒をサポートしている
鍼灸師の遠藤聡哲先生
教えていただきました。

.
◆聡哲鍼灸院HP
遠藤聡哲先生は
東京都目黒区自由が丘
八ヶ岳(長野県諏訪郡原村)の
二拠点生活をされています。
https://soutetsu.com

遠藤聡哲先生(原村自然療法施術院の庭にて)

動画「これからの食と健康、生き方について」~食育アドバイザー荻原彩子さん

横浜から八ヶ岳に移住された
食育アドバイザーの荻原彩子さんに

八ヶ岳での生活
これからの食と健康、生き方について
お話しを伺いました♪

食で健康「天然有機化合物で免疫力アップ」

飯田茂実さんが推奨する発酵飲料「しゅわさかさん」には、微生物の生成する天然有機化合物が豊富です。
しゅわさかさんだけでなく、ぬか漬けなど日本の伝統的な発酵食品の天然有機化合物には、イベルメクチンという寄生虫に効く成分が含まれています。
寄生虫だけでなく、ウイルス、ガンにも効くとも言われています!
.
<関連動画&記事>
◆【動画】イベルメクチン「微生物の生成する天然有機化合物」

.
◆【記事】ノーベル賞学者・大村智博士が激白
ノーベル賞学者・大村智博士が米製薬会社と開発した抗寄生虫薬「イベルメクチン」。
新型コロナ治療薬として劇的な効果を挙げたとの報告が、海外で相次ぐ。
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210712/se1/00m/020/002000d

自然療法講座「ケイシー療法」~ がん治療・予防のため血液を浄化しよう!

自然療法講座「ケイシー療法」~  がん治療・予防のため血液を浄化しよう!

八ヶ岳のリングリンクホール(長野県諏訪郡原村)にて、鍼灸あんまマッサージ指圧師で自然療法家の遠藤聡哲さんをお招きして、自然療法講座「 ケイシー療法」を開催しました。

<ポイント>
1.がんは血液の質の劣化によって起こる
2.血液の劣化には4パターンある
3.血液を浄化することが、がんの治療・予防には不可欠
4.朝食、昼食は、野菜・果物だけにする(可能な範囲でOK)

◆エドガー・ケイシーとは?
20世紀前半に活躍した米国の透視能力者。
催眠状態で語った病気治療法の記録が9605件が残っている。

◆メリットが大きいケイシー療法の特徴
1.効果が実証されている
2.治療が簡単で体にも負担がない
3.経済的負担が少ない

◆ケイシー療法によるがん治療
エドガー・ケイシーは、
「がんは血液の質の劣化によって起こる」
「血液の劣化には4パターンある」
と伝えている。

<血液の劣化の4つのパターンと対処法>
①血液の酸性過多
出来るだけ長時間、血液をアルカリ性に保つことで、がんリスクは軽減する。
葉物野菜、柑橘系果物を食べる、朝・昼はそれ以外のものは極力食べないことで、血液を長時間アルカリ性に保つことが出来る。

②血液中の老廃物の増大
血液に未消化の食べ物が混入して、老廃物が増えると、がん細胞が増殖しやすいので、血液を浄化することが重要。
血液を浄化するためには、
1.ひまし油湿布
2.オイルマッサージ(良質なピーナッツオイル、オリーブオイル)
3.ファスティング
4.よく噛んで食べる
5.食べ過ぎない(腹6-7分目)
6.砂糖、肉、劣化した油など控えめにする
などが有効。

③血液の凝固力の低下
血液の凝固力を高めることで免疫細胞ががん細胞を効果的に攻撃できるようになり、結果としてがん細胞が小さくなっていく。血液の凝固力を高めるためには、にんじんを食べることが有効。

④血液の酸素供給能力の低下
ポリフェノールが豊富な食品(ビーツなど)を食べることが有効。

◆講師「遠藤聡哲(えんどうそうてつ)さん」の紹介

1961年東京生まれ。鍼灸あんまマッサージ指圧師。
自由が丘で聡哲鍼灸院(そうてつしんきゅういん)を2002年に開業。
びわの葉温灸などの自然療法を中心に1,800名以上のがん患者の施術を経験。
ケイシー療法の温熱ひまし油湿布、オイルマッサージ、フラーレンフォトセラピー、オオバコ軟膏などでがん以外の方の施術にもあたる。
ケイシー療法の講習会を多数開催。Facebookグループ「エドガー・ケイシー療法を学び合う会」管理人。

遠藤聡哲さんには、定期的に講座を開催して頂きたいと思っています。

自然栽培(無農薬、無肥料)のホンモノの日本茶を飲もう!

自然栽培(無農薬、無肥料)のホンモノの日本茶を飲もう!

.
自然栽培(無農薬、無肥料)の天日乾燥 日本茶

『日本茶は百薬の長』と言われ、
日本人は昔から、日々の生活に取り入れた貴重な飲み物です。

日本茶には、抗酸化作用のあるカテキンなどの栄養成分が豊富に含まれていますので、生活習慣病の予防効果も大きいのです!
.

<カテキンの効能>
血圧上昇抑制作用
血中コレステロール調整作用
血糖値調節作用
抗酸化作用
老化抑制作用
抗癌作用
虫歯予防
口臭予防

.
.
しかし、実は大きな落とし穴があります。
なぜかというと、農業の実態として、たくさん農薬が使われているからです!
.
「お米、野菜、果物に農薬が使われている」
「農家の方は、家庭で食べる野菜・米には、農薬をほとんど使わない」
そういうことは知られていますが、日本茶も例外ではありません。
.
.
小川豪比古さん(写真)のお母様が、茶道師範時代に、お弟子さんがいれるお茶を飲むと、ご自身が体調を崩すことに疑問を感じて、昔のお茶と市販されているお茶が別物である事を突き止めたそうです。
お茶の木、肥料、農薬、保存方法が全て変わってしまい、茶の木の本来持っている生命力を殺してしまっているのだそうです。

無農薬 自然栽培 日本茶
(*)小川豪比古さん

小川豪比古さんは、お母様が全国を歩き回って探し当てた本物のお茶を常茶会という会社で、「あかね晩茶」を販売していらっしゃいます。
自然栽培され、天日乾燥させたホンモノの日本茶です。

無農薬 自然栽培 日本茶 無農薬 自然栽培 日本茶
(*) 「あかね晩茶」自然栽培され、天日乾燥させたホンモノの日本茶です!
<参考>常茶会のHP
http://sooooos.com/shop/johcha/index

.

————————————–

<健康長寿大作戦 オススメ投稿>
◆ 日本の森を蘇らせよう! 「きらめ樹式 天然乾燥間伐法」
http://choju-daisakusen.com/?p=3456
◆ 「理想のコミュニティー」で永続可能な世界を実現する!
http://choju-daisakusen.com/?p=1209
◆ 自然豊かな土地への移住を考える!
http://choju-daisakusen.com/?p=1994

◆ 将来素敵な田舎に住もう! / 「長野県原村、蓼科高原」
http://choju-daisakusen.com/?p=3415

◆ ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
http://choju-daisakusen.com/?p=1861

=自然栽培=
◆ 自然栽培で地方創生、日本創生をしよう!(高野誠鮮さん、木村秋則さん講演会報告)
http://choju-daisakusen.com/?p=3480
◆ 「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの講演
http://choju-daisakusen.com/?p=2004
◆ 無農薬野菜栽培農家 吉田稔さん(富山県)
http://choju-daisakusen.com/?p=1884
◆ 無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県)
http://choju-daisakusen.com/?p=1964
◆無農薬野菜農家訪問 オルトアサマさん(長野県軽井沢町)
http://choju-daisakusen.com/?p=2836

=野菜と健康=
◆ なぜ生搾り野菜ジュースは健康に良いのか? 【野菜で健康】
http://choju-daisakusen.com/?p=56
◆ なぜ旬の野菜は健康に良いのか? 【野菜で健康】
http://choju-daisakusen.com/?p=53
◆ ミキサーで作る健康長寿野菜スープ!
http://choju-daisakusen.com/?p=2987
◆ 蒸した長芋のチカラ/医食同源
http://choju-daisakusen.com/?p=959

=食育全般=
◆ こどもの食を考える!(講師:大塚 貢先生)
http://choju-daisakusen.com/?p=3258
◆ 1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】
http://choju-daisakusen.com/?p=2129
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】
http://choju-daisakusen.com/?p=1717


.

————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
. 

1 / 41234