365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】

糖質制限食の効果【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート④】

■第14回 日本抗加齢医学会総会レポート(第4回)
【4】糖質制限食の効果!

糖尿病の予防、メタボの改善には、糖質制限食が有効。
糖質制限食と言っても、おかずしか食べない芋類も食べない「スーパー糖質制限」、初めはおかずしか食べないけど一定期間後はご飯も少量食べる「緩やかな糖質制限」、最初からご飯も少量食べる場合など様々です。個人の健康状態、体質、好みで判断することになります。

健康長寿大作戦 第14回 日本抗加齢医学会総会レポート

(1)糖尿病を避けよう!
◆糖尿病は血管を15年老化させる。
◆東洋人は糖尿病になり易い。(貧困者の方が糖尿病は多い)

◆食後の血糖値上昇を抑え、生活習慣病を予防する!
食後血糖値の上昇が激しいと、血管を傷つける、酸化ストレスを増やすことから、糖尿病、心疾患、脳血管疾患、ガン、アルツハイマー病などのリスクが高まる。糖質制限食を摂ると、食後血糖値の上昇が抑えられる。

◆隠れ糖尿病とは? 食後血糖値を調査しよう!
空腹時血糖値は正常値なのに、食後、血糖値が急上昇して、その後、インシュリンが大量に分泌され、血糖値がジェットコースターのように急降下する、いわゆる「隠れ糖尿病」が問題となっている。隠れ糖尿病の場合、動脈への負担が大きく、心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高くなる。
定期健康診断での空腹時血糖値の調査だけでは不十分で、食後血糖値を調査する必要がある。
.

(2)糖質制限食の効果
糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防になる。
*食後血糖値の改善(上昇抑制)
*平均血糖変動幅の改善
*肥満の改善
*中性脂肪の減少
*血中悪玉コレステロール値の減少
*血中善玉コレステロール値の増加
*酸化ストレスの改善
.

(3)糖質制限食の方法
◆スーパー糖質制限
おかずしか食べない、芋類も食べない方法。野菜には炭水化物も含まれているので、このスーパー糖質制限でも、炭水化物を摂取量は1食15g程度。

◆緩やかな糖質制限
極端な糖質制限より、緩やかな糖質制限の方が美味しく食べることが出来る。
糖質制限を始めた直後は、炭水化物の摂取は1食20g(おかずだけ食べても20gの炭水化物が摂れる)、その後、1食40gの糖質制限食を続ける(おかず+ごはん少なめ1杯)。極端な糖質制限だと、芋類、デザートも制限されるが、緩やかな糖質制限の方が美味しく食べることが出来る。
. 

(4)行動変容を促すことが重要!
◆「俺は太く短く生きるんだ」という喫煙者には、「ピンピンだらり」で良いんですか?とお話している。
◆栄養指導の5大原則(美味しく減塩、低糖質、食物繊維、良質な脂質、抗酸化力重視)
◆外食は全てダメという訳ではなく、このレストランなら大丈夫、というお店を紹介。
低糖質スイーツは、六本木ボタニカ(東京ミッドタウン内)で美味しく食べられる。(少々お高いですが・・・)
.

<私の意見>
医師の間でも、糖質制限の賛否、方法は様々な意見がありますので、どの方法でやるか、やらないかは自己責任・自己判断になります。
痩せ型の人、若い人は炭水化物を摂った方が良い(炭水化物を摂らないと筋肉をエネルギーに変えるので、筋肉が消耗する)という意見もあり、痩せ型の人、若い人は極端な「スーパー糖質制限」は避けた方が良さそうです。
また、糖質を制限する分だけ、タンパク質、脂質の摂取量が増えます。無農薬で新鮮な旬野菜、良質なタンパク質、脂質の摂取を心掛けることが重要です。
.

———————————————-
*このレポートは、2014年6月6日から8日までの3日間、大阪で開催された「第14回 日本抗加齢医学会総会」での講演会で聴講した内容を元に作成しています。
———————————————-
<参考HP>
食後高血糖と隠れ糖尿病(オムロン社HP)
・・・詳細に記載されていますので、大変参考になります。
.
<参考投稿>
第14回 日本抗加齢医学会総会レポート
① 1975年の食事に近付けよう!
② 江戸時代の食事に戻ろう!
③ 腸内環境を改善しよう!
④ 糖質制限食の効果!
⑤ 痩せ過ぎ注意!輝く女性になる食べ方!

⑥ 薬膳・クルクミン効果! 
⑦ デトックスと栄養 !
⑧ 松尾流アンチエイジング調理法!
⑨ 健康長寿、介護予防のためには、適度な運動は不可欠!
⑩ 咀嚼力と健康長寿!
⑪ 見た目のアンチエイジング!
⑫ コミュニケーションの秘訣!
⑬ 思い込みを外して自分らしく生きる!
* キーワード

.
————————————–
【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!
————————————–

腸内環境を改善しよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート③】

腸内環境を改善しよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート③】

■第14回 日本抗加齢医学会総会レポート(第3回)
【3】腸内環境を改善しよう!

多くの人は、腸内環境の悪化で、小腸の内壁が傷付いています。腸内の善玉菌のエサになる様なオリゴ糖、食物繊維を多く含む食材を摂って、腸内環境を整えることが重要です。

(1)腸内環境悪化の弊害と改善方法
◆腸内環境が悪化すると腸壁が傷付く!
腸内環境が悪化して、小腸の粘膜が傷付いていると、未消化物が血液中に流れ、肝臓に負担が掛かる。小腸には、多くの免疫細胞が付いているので、小腸が傷付くと免疫力が下がる。また、じんましん、花粉症、自己免疫疾患の原因ともなる。

◆腸内環境のチェック法
おならが臭い、便秘、下痢だと、腸内が乱れている。便の検査で、小腸の粘膜が傷付いていないかが分かる(但し5万円掛かる)。

◆腸内環境の改善法
オリゴ糖、食物繊維を摂る。また、腸粘膜を厚くするのにビタミンDが有効。

<参考>自己免疫疾患に関する記事
自己免疫疾患 – Wikipedia
自己免疫疾患とは?
健康長寿大作戦 第14回 日本抗加齢医学会総会レポート 

(2)大麦、モチ麦で腸内環境を改善!(大妻女子大学報告)
◆糖尿病のリスクを下げる穀類の食物繊維の摂取量が減少している。

◆大麦は食物繊維、βグルカンが豊富で、腸内で粘性を増して、腸内の乳酸菌を増やし、腸内発酵を促す。大麦は日本で食べられてきた。インシュリンの分泌を抑制する、内臓脂肪の蓄積を抑制する効果がある。

◆モチ麦にも大麦同様の効果がある。

<参考>大麦に関する記事
大麦の食物繊維

健康長寿大作戦 第14回 日本抗加齢医学会総会レポート

 

<私の意見>
「腸内環境の悪化は万病の元」と言われています。 食べ過ぎない、食品添加物・砂糖を摂らないなど、食生活を改善して、腸内環境の改善を心掛けましょう!

◆腸内環境の改善法(若返りメルマガより)
食べ過ぎない!
よく噛んで食べる!
加工されていない食材を摂る!
発酵食品を食べる!
生野菜・果物を食べる!
早めに夕食を食べる!
腹式呼吸する!
肉類を減らす!
砂糖を減らす!
加工食品を減らす!
防腐剤を使った食品を避ける!
酸化した食品を避ける!
トランス脂肪酸を避ける!
薬を減らす!
生薬由来の食材を摂る!
プチ断食する!
よく笑う!
散歩する!
食物繊維を摂る!

———————————————-
*このレポートは、2014年6月6日から8日までの3日間、大阪で開催された「第14回 日本抗加齢医学会総会」での講演会で聴講した内容を元に作成しています。
———————————————-
<関連投稿>

腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
.

<参考投稿>
第14回 日本抗加齢医学会総会レポート
① 1975年の食事に近付けよう!
② 江戸時代の食事に戻ろう!
③ 腸内環境を改善しよう!
④ 糖質制限食の効果!
⑤ 痩せ過ぎ注意!輝く女性になる食べ方!

⑥ 薬膳・クルクミン効果! 
⑦ デトックスと栄養 !
⑧ 松尾流アンチエイジング調理法!
⑨ 健康長寿、介護予防のためには、適度な運動は不可欠!
⑩ 咀嚼力と健康長寿!
⑪ 見た目のアンチエイジング!
⑫ コミュニケーションの秘訣!
⑬ 思い込みを外して自分らしく生きる!
* キーワード

.
<腸内環境関連の投稿>
(1) 腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
(2) 「酵素」の謎 (鶴見隆史先生) 
(3) 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)
(4) 腸内環境を整えて免疫力アップ!
(5) 腸内環境を整える!
.
.
————————————–
【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!
————————————–

江戸時代の食事に戻ろう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート②】

江戸時代の食事に戻ろう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート②】

■第14回 日本抗加齢医学会総会レポート(第2回)
【2】江戸時代の食事に戻ろう!

食事の選択肢が増えましたが、コンビニに行っても加工食品しかなく、ナチュラルなモノはありません。
急速に悪化する食生活を見直すために、狩猟時代、江戸時代の食事に戻ることを考えましょう!

健康長寿大作戦 第14回 日本抗加齢医学会総会レポート

◆今世紀に入って食事の変化が著しい!
米国ではⅡ型糖尿病が1994年と比較して3倍に増加した。本格的に増えたのは2000年からで、この頃、小麦の品種改良が進んで、小麦に含まれるグルテンの量が増えた。日本は小麦を60%輸入、80%は米国産なので、日本で消費される小麦の約半分は米国産。グルテンはアミノ酸に分解されない。脳に作用するので、中毒性がある。脳がフワッとした感じになる。

◆精製された食品は危険!
砂糖、白米、小麦粉、食パン、菓子パンなど、精製された食品には、中毒性があり、肥満や生活習慣病の原因となる。
清涼飲料水、菓子に多く含まれるコーンシロップ(果糖ブドウ糖液糖)も同様。
精製された食品を摂ると、血糖値が急上昇する。インシュリンが沢山分泌されるので、その後、血糖値が急降下する。この様な血糖値の急上昇と急降下を繰り返すと、善玉ホルモン「アディポネクチンが作れなくなり、動脈硬化、糖尿病になる。
糖尿病の人は90歳まで長生きできない。認知機能が維持できない。

033709

◆食事が元に戻れば、体も元に戻る!
旧石器時代、狩猟時代には、肉、魚、木の実中心の食事だった。
ニューヨークには「産業が発展する前の食生活に戻ろう!」というコンセプトのレストランも登場した。日本で言うと、江戸時代。
原始時代、江戸時代は食材を加工せず、手作りの食事を食べていたので、生活習慣病はほとんど存在しなかった。

———————————————-
*このレポートは、2014年6月6日から8日までの3日間、大阪で開催された「第14回 日本抗加齢医学会総会」での講演会で聴講した内容を元に作成しています。
———————————————-

<参考用語>

(1)グルテン
グルテン – Wikipedia
アメリカの健康志向派に話題の「グルテンフリー」ってなに?

(2)アディポネクチン
アディポネクチン – Wikipedia
アディポネクチンの効用とアディポネクチンを増やす食品とは

<参考投稿>
第14回 日本抗加齢医学会総会レポート
① 1975年の食事に近付けよう!
② 江戸時代の食事に戻ろう!
③ 腸内環境を改善しよう!
④ 糖質制限食の効果!
⑤ 痩せ過ぎ注意!輝く女性になる食べ方!

⑥ 薬膳・クルクミン効果! 
⑦ デトックスと栄養 !
⑧ 松尾流アンチエイジング調理法!
⑨ 健康長寿、介護予防のためには、適度な運動は不可欠!
⑩ 咀嚼力と健康長寿!
⑪ 見た目のアンチエイジング!
⑫ コミュニケーションの秘訣!
⑬ 思い込みを外して自分らしく生きる!
* キーワード

.
————————————–
【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!
————————————–

 

1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】

1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】

■1975年の食事に近付けよう!

日本人の食生活が著しく悪化していることがわかりました。1975年代の食事に近付けて、加工食品を使わず、素材を生かした手作り料理を食べることが重要です。

1975年の食事に近付けよう!【第14回 日本抗加齢医学会総会レポート①】

<日本人の食事の変化に関する報告>
(1)食卓メニューの洋食化、簡便化が進んでいる!
◆30年間の調査結果で、洋食化、簡便化が進んでいる。
◆減っているモノ: ごはん、みそ汁、魚料理、食材の数
◆増えているモノ: 加工食品
◆年代別(1940年代、1950年代、1960年代生まれ)で比較すると、1960年代生まれで、手作り料理の減少(加工食品の増加)が著しい。

(2)1975年頃の食事が理想的だった!
◆1960年、1975年、1990年、2005年の食事をラット実験した結果、1975年の食事が最も良かった。内臓脂肪、コレステロールが少なく、ガンの発症も少なく、寿命が長い。
◆1975年の食事は、DHA、EPAが豊富な魚介類(青魚)が多いのが特徴的。
◆1960年の食事は、ごはん中心で、おかずが少なく、漬け物など塩分が濃かった。(戦後15年しか経過しておらず、まだ豊かでなかった影響か?)

<私の意見>
手作り料理と加工食品では、同じメニューで、カロリーは同じでも、中身が全く違います。加工食品にはビタミン、ミネラルなどの栄養素が少なく、食品添加物が入っています。
近年、ガン、アルツハイマー病が増えているのも、高齢者が増えているからだけではなく、食生活の変化も影響していると考えられます。現在の高齢者よりも、若い世代の方が、食生活の変化が大きいため、このまま放っておくと、ガン、アルツハイマー病、心筋梗塞、脳梗塞などが増えるのは明らかです。食生活を改善しましょう!

———————————————-
*このレポートは、2014年6月6日から8日までの3日間、大阪で開催された「第14回 日本抗加齢医学会総会」での講演会で聴講した内容を元に作成しています。
———————————————-

<参考投稿>
第14回 日本抗加齢医学会総会レポート
① 1975年の食事に近付けよう!
② 江戸時代の食事に戻ろう!
③ 腸内環境を改善しよう!
④ 糖質制限食の効果!
⑤ 痩せ過ぎ注意!輝く女性になる食べ方!

⑥ 薬膳・クルクミン効果! 
⑦ デトックスと栄養 !
⑧ 松尾流アンチエイジング調理法!
⑨ 健康長寿、介護予防のためには、適度な運動は不可欠!
⑩ 咀嚼力と健康長寿!
⑪ 見た目のアンチエイジング!
⑫ コミュニケーションの秘訣!
⑬ 思い込みを外して自分らしく生きる!
* キーワード

.

<食生活関連の投稿>
「酵素」の謎 (鶴見隆史先生) 【健康長寿オススメ良書】
食べ過ぎない! 【健康長寿のための食生活 (1)】
全ての病気の原因は消化不良から! 【健康長寿のための食生活】
腸内環境を整える!【健康長寿オススメ動画】
大塚貢先生講演報告&動画
新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】

酵素断食(ファスティング)

カレーは健康に良いって本当?
発酵食品の魅力!

蒸した長芋のチカラ/医食同源
空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生) 【健康長寿オススメ良書】

<安心安全な野菜関連の投稿>
無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県笛吹市)
「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの講演

リンゴ農家訪問 畔上義明さん(長野県高山村)

<野菜の栄養関連の投稿>
なぜ生搾り野菜ジュースは健康に良いのか? 
なぜ旬の野菜は健康に良いのか? 【野菜で健康】
野菜、果実を沢山食べよう!

良質な食材を摂る! 【健康長寿のための食生活 (6)】
抗酸化物質の豊富な食材を摂る!
フィトケミカルとは?

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

10年後の消費税比率は20%! 解決策は道州制?

10年後の消費税比率は20%! 解決策は道州制?

昨日(2014年6月3日)、山田宏さん(衆議院議員)の講演会をお聴きして、「えっ、そうなんだ!」と大変多くの気付きがありましたので、シェアします!

■10年後の消費税比率は20%!
現在の国家財政規模は97兆円。5年前までは85兆円だったのが、リーマンショックによる税収減、東日本大震災、年金・医療費・介護費負担などで増加した。10年後には国家財政規模144兆円に膨れ上がる。
財政支出が増える理由は、団塊の世代が10年後には75歳の後期高齢者になり、年金・医療費・介護費の負担が増えるから。消費税を20%にしないと足りない。他の税収が多少増えたところで足りない。
.
■解決策はないのか?
超高齢化社会となり、年金、医療など社会保障費を減らす必要がある。
「予防医学を進め、医療費を削減すれば良いじゃないか!」と思うが、病院・製薬会社は、患者・病人が増えれば増えるほど儲かるから、医師会、製薬業界が反対するので、なかなか実現しない。
「年金支給額を削減しよう!」と言ようもんなら、高齢者が反対するので、なかなか実現しない。
改革しようとすると、次の選挙で負けるので、いつまで経っても実現しない。
<参考>
​一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/003.htm
社会保障給付費の推移
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/dl/05.pdf
.
■組長(県知事、市長、区長)と議員の違い
杉並区長になって初めて分かったのは、区長はお金の使い方だけでなく、お金の集め方も考える責任がある。会社の経営者と同じ。
議員はお金のお使い方だけを考えるのとは、全く異なる。
.
■日本を改革するには?
維新の会の橋下徹さん「業界団体が反対することをやると日本が良くなる!」と言っているが、改革するにはそれ位やるのが良い。
.
■杉並区長時代の改革
改革は、原理原則を決めて、例外なく一機にやることが重要。
杉並区で財政支出15%カット、公務員4000名を10年で3000名に削減を掲げ、一機に実行した。ゆっくりやると反対運動が起きて、改革はできない。
.
■改革には大きな目標が必要!
飛躍は大きな目標から生まれる。
目標が高ければ、体質が変わる。
体質が変われば、意識が変わる。
意識が変われば、飛躍する。
例えば、コスト削減が5%なら、両面コピー、鉛筆を短くなるまで使うだけで、組織の体質、意識は変わらない。山田宏さんが松下政経塾(第二期生)時代に、松下幸之助氏から聞いた話では、松下電器産業が、発注先からカーラジオの30%コスト削減を求められた。当時誰もが無理だと言ったが、無理なら会社が倒産するという危機感から、実際に、カーラジオを分解して、全部品をチェックして、部品数の大幅な削減を行い、コスト削減を実現した。それまでカーラジオはボタンだらけだったが、カーラジオのボタン・摘みがほとんど無くなって、カーラジオのコンセプトも変わった。
.
■改革の具体策は公務員に任せるべき。
事業仕分けのように、事情の知らない議員が口を出すと、改革は進まない。
原理原則を決めて、改革の具体策は公務員に任せると、今まで何に無駄があったのか、何を民間に委託すべきか、公務員は知っているので、改革が進む。
.
■行革の結果、サービスが向上
杉並区では学校給食公務員が作っていた。公務員が作ると安心安全で美味しいと、多くの人が思っていた。学校給食を民間に委託しようとした時、「民間企業は利益重視なので、安心安全ではない、給食がまずくなる!」と、保護者が反対。反対の署名が数万人も集まったが、民間委託を実行した。結果的には、民間に委託した学校の方が、給食が美味しくなり、まだ公務員が給食を作っている学校の保護者から、早く民間に変える様、要望が来た。民間企業は、アンケートを取るなど、改善する努力をしないと他の業者に変えられてしまうので、サービスが良くなるのは当然のこと。公務員は、倒産ナシ、首ナシ、給与カットナシだが、民間は違う。
保育園の待機児童が問題視されているが、民間が保育園を増やせるようにすべき。
.
■シンガポールを見習い日本を道州制にする!
シンガポールは、人口5百万人。国土は狭く、日本以上に資源が無い国だが日本よりも豊か。一人当たりのGDPは日本を上回る。
日本も人口10百万人の州を10位作って、州に権限を委譲して、シンガポールのような経営をすると、日本は必ず良い国に生まれ変わる!
国は防衛、治安、教育など基本的な所だけを残し、他は州に権限委譲すると改革も進む。
北海道は、デンマークと緯度も人口も同じだが、GDPはデンマークの2/3。
日本人は勤勉で、温泉・スキーなど観光資源も豊富なのだから、道州制して、「10年でGDPも2倍するぞ!」と目標を掲げれば、北海道を離れていた若者も戻ってきて、GDPは2倍になるはず。
.
■国民に自立を促す政策
国民が国に依存している国はダメ。
自立心、自尊心を高める必要がある。日本人は元々自立心、自尊心が高かった。

■教育改革
「日本人として生まれてきて良かった!」、と思える教育をすべき。
偉人の生き方を見せると、「あんな人になろう!」と立派な人間が増える。
.
■子供(乳幼児)を持つ親の心得!
大事なことは、親が愛情を注ぐこと、人格を高めるような教育をすること。
大学生、高校生、中学生、小学生の学力が落ちている。
中学では先生が、生活指導に6割労力を割かれ、学力指導に力を集中できていない。
保育園の先生達に聞いたところ、「親からの愛情が原動力になる!」幼少期にどれだけ親からの愛情を受けたかが重要で、親からの愛情を受けて育った子供は、学習でも吸収率が違う人格を高めることが、学力upに繋がる。

女の子
親が愛情を注ぎ、自立を促すと、才能を発揮する大人になります!
.
以上、1時間半の講演会でしたが、大変中身の濃いお話でした!
.
<関連HP>
山田宏さんHP

<関連投稿>
◆ 日本の財政と超少子高齢化
「理想のコミュニティー」で永続可能な世界を実現する!
◆ 健康かどうかでこんなに違う老後の人生
◆ ヨコミネ式教育法 本拠地視察!
◆ 子どもの遺伝子スイッチ・オン! (村上和雄先生)

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–

.