365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】

新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】

◆新型栄養失調
◆小若順一・国光美佳 著
◆三五館
.
2013年12月11日、NPO法人「再チャレンジ東京」主催セミナーで、国光美佳先生の講演をお聴きして、大変感銘を受けました。
今回は、国光先生共著の本をご紹介します。

<概要>
■「新型栄養失調」とは?
現代の食生活では、化学調味料を使わず、素材から手作りしない限り、ミネラルが欠乏する。
ミネラル成分が、欠乏することで、イライラ、怒りっぽくなる
長期に欠乏すると、低体温、肌荒れ、肩こり、腰痛、慢性疲労、アトピー、うつ、認知症など、健康障害「新型栄養失調」になる。

■弁当、外食、冷凍食品では、ミネラルが全く足りていない!
コンビニ弁当、持ち帰り弁当、宅配弁当、チェーンレストラン、レトルト食品、冷凍食品について、5大必須ミネラル(Ca、Mg、鉄、亜鉛、銅)を実測したところ、全ての食品で、大半のミネラルが欠乏していた。
ミネラル欠乏の原因は、業務用食材の原材料の多くが、冷凍品であったり、外部でカット・水煮加工されたり、ミネラル成分が流出しやすいこと、化学調味料を使っていることが考えられる。

■加工食品の弊害「リン酸塩」
多くの加工食品で食品添加物として使用されているリン酸塩は、ミネラルの吸収を阻害する。
特に、微量ミネラル(マンガン、ヨウ素、クロム、セレン、モリブデン、コバルト、バナジウム、リチウム)などの成分は、元々摂取量が少ないだけに、加工食品に含まれるリン酸塩の摂取により、吸収が阻害される影響が大きい。

■ミネラル成分を補給するには?
丸ごと食べる小魚、海藻類、豆類、木の実などを食事、おやつに取り入れると良い。
煮干粉、あご粉、昆布粉、ゴマ、きな粉をみそ汁、卵焼きなど、料理に加えると、効果的にミネラルを補給できます。

<参考>
■ミネラル不足で起こる症状

カルシウム : 神経過敏(イライラ、怒りっぽい)、骨粗鬆症、肩こり、腰痛、腸内神経叢の異常、成長不良
マグネシウム: 神経過敏(イライラ、怒りっぽい)、心疾患、動悸、不整脈、うつ、神経・精神障害
                 : 貧血、、疲労感、忘れっぽい、頭痛、動悸、食欲不振
亜鉛             : 免疫力低下、成長不良、皮膚障害、味覚障害、性機能低下
                : 貧血、骨折・変形、毛髪異常、成長障害
マンガン  : 骨の発育障害、生まれる子供が弱い、運動失調、成長障害
ヨウ素    : 甲状腺肥大、太り過ぎ、疲労感
クロム    : 糖尿病、脂質異常症
セレン   : 筋委縮症
モリブデン : 成長遅延
コバルト  : 悪性貧血
バナジウム: 糖尿病
リチウム  : 躁うつ病

■ミネラルが豊富な食材 (体が喜ぶ食材!)
魚    : 煮干、シシャモ、缶詰(サバ・サンマ・イワシ)
海藻類: 昆布、わかめ、海苔
タネ類: そば、ゴマ、玄米
木の実: 栗、クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ぎんなん、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
乳製品: 牛乳、ヨーグルト、チーズ、ココア、コーヒー

新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著) 【健康長寿オススメ良書】


<関連投稿>

大塚貢先生講演報告&動画

.
<オススメ良書>
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)
◆  「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)
◆ 薬剤師は薬を飲まない(宇多川久美子先生)
◆ 薬が病気をつくる(宇多川久美子先生)
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)
◆ 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)
.
————————————–

 

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

 

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

 

 

 

運命の暗号(村上和雄先生) 【健康長寿オススメ良書】

運命の暗号(村上和雄先生) 【健康長寿オススメ良書】

◆運命の暗号 「幸せ遺伝子」で人生が好転する
筑波大学名誉教授 村上和雄 著
◆幻冬舎
.
遺伝子科学の権威 村上和雄氏の2冊目の紹介です。
「病は気から!」「眠っている遺伝子を目覚めさせることが人生成功の秘訣!」ということが、書かれています。
健康長寿のみならず、前向きに生きる方、全てにオススメの書です。

<概略>
■遺伝子の役割

遺伝子には、遺伝情報を伝達するほか、生命の維持に必要な酵素、ホルモンをはじめ、「たんぱく質」9万種を絶えず作り出している。

■眠っている遺伝子を目覚めさせるには!
人間の遺伝子は、2万2千個ある。
人間は遺伝子情報の2%しか利用しておらず、2%の遺伝子も、終始働いている訳ではない。
遺伝子スイッチのON/OFFを刺激することで、誰もが「奇跡の人」になる可能性がある。
眠っている遺伝子を目覚めさせるには、「人・機会との出会い」「環境変化」「明るく前向きな思考」「感動」「感謝」「世の中のためを考える」「成長する意識」「夢・目標」「熱中」「持続」「常識に縛られない意識」など、「攻めの意識」が重要で、現状維持、安定思考では発現しない。

■生き方が正しくないから病気になる!
チベット医学では、「怒り、むさぼり、愚痴の3大煩悩が心の変化を生み、からだのバランスを崩すのが病気である」と説いている。

その他、以下の様な素晴らしい情報満載です。
笑いの血糖値上昇の抑制効果
ストレスを取り除き、免疫力を回復させるがん治療法(SAT療法)
長生きを求めるより、質の高い生き方が重要
■化学物質、環境ホルモンの弊害
ユダヤ人が才能を開花させる理由
目に見えない自然

 

運命の暗号


<その他の村上和雄先生著書>
◆ 
子どもの遺伝子スイッチ・オン! (村上和雄先生)
村上重雄先生(2)

 
.
<その他のオススメ良書>(抜粋)
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)
◆  「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)
◆ 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)
.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

白澤卓二が解き明かす 長寿県長野の秘密【健康長寿オススメ良書】

白澤卓二が解き明かす 長寿県長野の秘密【健康長寿オススメ良書】

◆白澤卓二が解き明かす 長寿県長野の秘密
◆順天堂大学大学院教授 白澤卓二 著
◆しなのき書房

「健康で長生きするにはどうしたら良いのか?」
「長野県には長生きのヒントが隠されている!」

長寿県で知られる長野県
きれいな水、空気、温泉など、豊かな自然環境に恵まれた長野県ですが、他の県には他県にはない長寿の秘密があるようです。
健康長寿研究の第一人者の順天堂大学白澤卓二教授が、長寿の秘訣を解説しています。

IMG_8409


■「生涯現役」が生き甲斐になる!
長野県は高齢者就業率30%で全国一位。
全国平均21%を大きく上回っています。
働き続けることが、元気な長寿をサポートしているのは間違いなさそうです。
長野県は、ボランティア活動参加者も全国一位です。

■高地と傾斜地によるミトコンドリア活性化!
標高の差が大きい地域で暮らしていると、酸素濃度の差が大きいことから、細胞内でエネルギーを生み出す役割のミトコンドリアが活性化するようです。
また、標高の差が大きい自然環境のおかげで、日常生活がエクササイズとなっています。

■寒暖の差!
人間の体にも適度な刺激があります。
寒暖の差が大きいところで育つ野菜・果物も、抗酸化力・免疫力が強いとされています。
長野県民は、抗酸化力・免疫力が強い野菜・果物を食べていることになります。

■行政、病院の取り組み!
長野県には「健康長寿課」があることに代表されるように、各市町村でも健康長寿への取り組みが盛んです。
また、病院も予防医学の普及活動に積極的です。
無駄に薬を出すことも少なく、医療費も全国で最も低い。

.
<関連投稿>
=長野関連=
◆ 将来素敵な田舎に住もう! / 湧水、自然の宝庫「長野県安曇野市」
無農薬野菜農家訪問 オルトアサマさん(長野県軽井沢町)
◆ カミツレの里 安寿恵荘(長野県池田町)

◆ リンゴ農家訪問 畔上義明さん(長野県高山村)
◆ 将来素敵な田舎に住もう! 長寿村「長野県高山村」
◆ 白澤卓二が解き明かす 長寿県長野の秘密【健康長寿オススメ良書】
◆ 縄文人の生き方を学び、現代の生活に取り入れる!
 
=理想のコミュニティー関連=
◆ 私の夢「未来型高齢者住宅」「未来型託児所」
◆ 自然豊かな土地への移住を考える!

◆ 将来素敵な田舎に住もう! / 透明な海!「沖縄県宮古島」
◆ 無農薬野菜栽培農家 吉田稔さん(富山県)
◆ 無農薬野菜農家訪問 カルタファームさん(山梨県)

◆ ヨコミネ式教育法 本拠地視察!

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。

https://www.facebook.com/choju.daisakusen

————————————–
. 

 

薬剤師は薬を飲まない(宇多川久美子先生)【健康長寿オススメ良書】

薬剤師は薬を飲まない(宇多川久美子先生)【健康長寿オススメ良書】

◆薬剤師は薬を飲まない
◆薬剤師  宇多川久美子 著
◆廣済堂新書

「やっぱりそうか!」
「安易に薬を飲んではいけないんだ!」
ということが、明確に、わかり易く解説されています。

薬剤師は薬を飲まない

■薬を飲むと
酵素が減る」
体温が下がる」
免疫力が下がる」

薬を飲むと、消化酵素が大量に消費され、体内に限りのある代謝酵素が減る。
代謝酵素が減ると、代謝が悪くなるので、体温が下がる。
体温が下がると、血流が悪くなり、白血球の働きが悪くなるので、免疫力が下がる。
現在は低体温の人が増えているが、低体温だと、ガンにも掛かり易い。

■薬には副作用がある。
薬は消防車の様なもの。
火事も消す代わりに、火事でもない場所も、街中放水して回る。
体中副作用で傷付けられる。

■薬は石油を原料とした合成品。

食品添加物残留農薬などと同様、体にとっては異物

■生活習慣病は薬では治らない。

生活習慣病を治すには、生活習慣を改善するしかない。
血糖値、血圧、コレステロール値が一時的に下がっても、副作用の方が大きい。

■治すのは自分自身 「自然治癒力」
西洋医学の父 ヒポクラテスは「人間は自らの中に100人の名医を持っている」と言っている。
この名医とは自然治癒力のこと。
自然治癒力とは、恒常性維持機能、自己再生機能、自己防衛機能(免疫力)の3つの機能がある。
自然治癒力を最大限発揮させる秘訣は「治りたい」という本人の強い意志である。

■漢方薬にも副作用がある。
自然界の物質「生薬」を原料としている漢方薬にも、副作用があり、体質に合う合わないが当然ある。
漢方薬も、薬頼みの姿勢のまま使うのではなく、生活習慣の改善が必要。

■薬なしでいるための健康な体作り
低体温は万病のもと。
体温が1℃下がると、免疫力は37%低下、基礎代謝が12%低下、体内酵素の働きが50%低下する。
酵素の働きが減ると、ホルモン、血液、細胞修復など、に悪影響が出る。
体温を上げるために、インナーマッスルを鍛えることが重要。

ご自身も、大量の薬漬けだったを止め、デューク更家氏のもとで、姿勢歩き方を改善したところ、長年苦しんだ肩こり、頭痛も改善したされたご経験があるだけに、大変説得力があります。
ご自身で開発された姿勢を良くする、インナーマッスルを鍛える、腸内環境を整える、骨盤を鍛える運動法「芽生えエクサ」「竹の子エクサ」「豆の木エクサ」「麦踏みエクサ」「稲穂エクサ」「大根エクサ」を本で紹介されています。

宇多川久美子先生

薬剤師・栄養学博士  宇多川久美子先生

宇多川先生に、ご講演いただきます。
 2014年1月19日(日)18時より、場所は高輪区民センター(東京都港区)です。
詳細は、以下URLにて、ご確認ください。
第9回健康長寿セミナーのご案内 http://choju-daisakusen.com/?p=1607

<まとめ>薬の弊害
酵素が減る」
⇒ 「体温が下がる」 ⇒ 「免疫力が下がる」
⇒ 「ホルモン調整悪化」 ⇒ 「自律神経が乱れる」
.               ⇒ 「細胞修復への悪影響」
「活性酸素が出る」 ⇒ 「過酸化脂質の血管内壁への付着」

<関連HP>
肩甲骨を動かして脂肪燃焼!体温up!
褐色脂肪細胞の活性化でダイエット、免疫力up!
薬剤師 宇多川久美子先生の健康セミナー報告
体温up&ダイエットの秘訣!

.
<オススメ良書>
◆ 汚れた腸が病気をつくる(医学博士バーナード・ジェンセン著)
◆ うつは食べ物が原因だった!(溝口徹先生)
◆  「酵素」の謎 (鶴見隆史先生)
◆ 薬剤師は薬を飲まない(宇多川久美子先生)
◆ 薬が病気をつくる(宇多川久美子先生)
◆ 新型栄養失調(小若順一・国光美佳 著)
◆ 空腹が生き方を教えてくれる (南雲吉則先生)
.
————————————–

 

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

 

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.


子どもの遺伝子スイッチ・オン! (村上和雄先生) 【健康長寿オススメ良書】

子どもの遺伝子スイッチ・オン! (村上和雄先生) 【健康長寿オススメ良書】

子どもの遺伝子スイッチ・オン! 
筑波大学名誉教授 村上和雄 著 
新学社
.
遺伝子にはスイッチがある。
遺伝子のスイッチ・オン/オフこそがあらゆる人の人生を決める。
こころの持ち方、言葉の使い方が、遺伝子のスイッチ・オン/オフを決め、人生を決める。
心理学、人生哲学、成功哲学では通説の「こころの持ち方、言葉の使い方が、人生を決める」ということが、遺伝子科学の権威 村上和雄氏からも理論展開されることで、通説の説得力が増してきました。
子育て、教育関係者のみならず、健康長寿を目指す方にも必見の書です。
.
<概略>
■人間の遺伝子は、2万2千個ある。
■人間とチンパンジーの遺伝子の差は5%
■人間同士の遺伝子の差は、0.5%
■遺伝による能力の差より、各遺伝子のスイッチが入っているかが重要
■遺伝子には、遺伝情報を伝達するほか、生命の維持に必要な物質を絶えず作り出すという重要な働きがある。この働きは環境の変化や刺激などに影響を受け、活性化したり、不活発になったりする。
ポジティブな思考、言葉だと、良い遺伝子がスイッチオンになる。を持つ、笑うイキイキワクワクしていると、良い遺伝子がスイッチオンになり、才能が開花する。
ネガティブな思考、言葉だと、悪い遺伝子がスイッチオンになる。心配性で、ストレスを感じると、悪い遺伝子がスイッチオンになり、病気になり易い。
■人との出会いや環境の変化によって本人のやる気に火がつくと、子どもが大天才に変身する可能性も十分にある。
村上重雄先生(2)

医者の世話にならない生きかた (渥美和彦先生) 【健康長寿オススメ良書】

医者の世話にならない生きかた (渥美和彦先生) 【健康長寿オススメ良書】

医者の世話にならない生きかた
東京大学名誉教授 渥美和彦 著
ダイヤモンド社

 

■放っておいても治る病気は多い!典型的なものは「風邪」!
■体を治すのは「自然治癒力」!
■体調不良のほとんどは、体のバランスの崩れが原因!
■体に一番悪いのはストレス!
■プラスのエネルギーで満ちている病院は良い病院
■「自分に合った掛かりつけの医者」が良い!

風邪は、ひどくなって肺炎など併発していなければ、体を温めて消化の良い食事を摂りながらゆっくり寝ていれば、2,3日で回復する。
人間には自然治癒力が備わっている。熱が出るのは免疫系がきちんと働いているから。抗生物質、解熱剤、ビタミン剤など、どれも不要。
体温が40℃を超えれば解熱剤で抑えるべきだが、39℃以下であれば、放っておくべき。自然治癒力を薬で抑え込むような真似をしてはならない。

体調不良のほとんどは、体全体のバランスが崩れていることが原因
ストレス、気候の変化、生活習慣などのいろいろな原因が重なって、全体の循環が悪くなったり、エネルギーが低下したりしている。
薬でひとつの症状を抑え込んだところで、別の症状に現れるだけ。
漢方医学、チベット医学、インドのアーユルヴェーダ、東洋医学など、伝統医学では体全体のバランスを診ることを得意としているものが沢山ある。

ストレスを溜めないように戯れる(たわむれる)のが一番。
子犬か何かを相手にするかのように、追い払ったり、身をかわしたり、屋根に上って地上を見下ろすように自分の物事を外に置いて考えてみる。

病院という空間は、病を抱えた人たちで溢れかえっているので、マイナスのエネルギーが充満する場になりがち。
プラスのエネルギーを呼び込もうという努力をしている病院が、良い病院。

医者は、人格者、「人間好き」であるべき。
近所に、日頃からちょっとした体調の不良を相談できる「掛かりつけ医」を持っておくと良い。

渥美和彦先生 医者の世話にならない生きかた

渥美和彦先生

2 / 3123