365日スマホで学べる!若返りメルマガ!

いつまでも輝いていたい人のための食事・運動・楽しいこと探しの秘訣満載365 日毎日届く! 若がえりメルマガ!



第7回健康長寿セミナーご案内

第7回健康長寿セミナーご案内

第7回健康長寿セミナーのご案内
◆日時:  2013年12月17日(火)19時
◆講師: メンタルトレーナー鉾山 丕先生

今回の講師は、9年間、西武ライオンズでメンタルトレーナーを努めるなど、スポーツ界で大きな貢献をされた鋒山 丕(はじめ)先生
テーマは「ストレスケアを学ぼう!」です。

ストレスは、ほとんどの病気の原因とも言われています。
ストレスケアとは、メンタルトレーニングで自律神経を整え、ストレスをコントロールすること
今回は、鋒山先生に、24年間スポーツ界でメンタルトレーナーとしてご活躍されたご経験をご披露頂きます。

リラックスして自律神経を整える方法を習得すると、健康になる、、ストレスを軽減できる、人前で緊張せず話せる集中力が高まる、直観力が高まる、創造力が豊かになる、自分が本当にやりたいことが見付かる、ゴール達成力が高くなることなど、様々な効果が期待できます!
お楽しみに!

<この様な方におススメ!>
*健康に関心のある方
*ストレスが溜まっている方
*集中力を高めたい方
*スポーツで成果を高めたい方
*創造力
*直観力を高めたい方
*ゴール達成力を高めたい方

<セミナーの主な内容>

*メンタルトレーニングで出来ること
*メンタルトレーニングの方法
*自律神経とは?
*自律神経の正常化を阻害する原因
*リラクゼーションの効果、方法

<セミナーの概要>
講師 :  メンタルトレーナー山 丕先生
日時 : 2013年12月17日(火)19時
会場 : 麻布区民センター 2F講習室
.    *「健康長寿の会」で予約 しています!
住所 : 東京都港区六本木5-16-45
最寄駅:六本木駅、麻布十番駅
電話 : 03-3583-5487
参加費: 1,500円
定員 : 25名(先着順)
(*)セミナー終了後、近くで、懇親会を予定しております。(自由参加)

お申込み登録フォーム
( ↓ )
https://www.agentmail.jp/form/pg/403/1/

健康長寿セミナーのご案内(第7回:2013年12月17日 メンタルトレーナー鉾山 丕先生)


山 丕先生 メンタルトレーニング歴>
1985年 スピードスケート黒岩彰選手のメンタルトレーニング に取り組む
1988年 カルガリーオリンピックアルペンスキーナショナルチーム指導
ソウルオリンピック男子レスリングナショナルチーム指導
1995年 日本オリンピック委員会強化スポーツコーチ(スキー)
1997年 日本オリンピック委員会強化スポーツカウンセラー(スキー)
2000年 日本オリンピック委員会強化スポーツドクター(スキー)
2000年 全日本スキー連盟スポーツドクター
2001年~2009年 西武ライオンズ専属メンタルトレーナー
(ご経歴の詳細はこちら→)http://www.mental-arousal.com/trainer/

お申込み登録フォーム
( ↓ )
https://www.agentmail.jp/form/pg/403/1/

 

健康長寿セミナーのご案内(第7回:2013年12月17日 メンタルトレーナー鉾山 丕先生)

9年間 西武ライオンズの専属トレーナーとしてご活躍!

 

◆懇親会 ・・・ 21:15頃開始予定
店名:六本木農園(野菜料理)
住所:東京都港区六本木6-6-15
電話:03-3405-0684
HP:http://www.roppongi-nouen.jp/
参加費: 4,000円程度
健康長寿セミナーのご案内(第7回:2013年12月17日 メンタルトレーナー鉾山 丕先生)

=====【健康長寿セミナーご案内】=====
第1回 7/29(月) 赤須知美先生(赤坂)【終了】
第2回 8/27(火) 篠田道正先生(白金)【終了】
第3回 9/24(火) 三矢八千代先生(赤坂)【終了】
第4回 10/3(木) 篠田道正先生(白金)【終了】
第5回 10/30(水) 佐藤一美先生(白金)【終了】
第6回 11/24(日) 篠田道正先生(白金)【終了】
第7回 12/17(火)19時 鋒山 丕先生(六本木)・・・今回
第8回 1/4(土)10時 篠田道正先生(白金)・・・申込み受付中
第9回 1/19(日)18時 宇多川久美子先生(白金)・・・申込み受付中

<アンチエイジングセミナー、企画のご紹介>
■11/16(土)13時 「美しく食べて美しく生きる」甘酒の作り方【終了】
講師:白澤いくみさん
https://www.facebook.com/events/1425547220992834/?ref_dashboard_filter=calendar

■11/16(土)13時 「糖尿病は飽食時代の栄養失調だった」【終了】
講師:笠原友子先生、企画: 丸山玲子さん
https://www.facebook.com/events/252775224871327/?ref_dashboard_filter=calendar

■11/16(土)19時 「薬に頼らず健康に暮らす2つの習慣」【終了】
講師:宇多川久美子先生、企画:六交会
https://www.facebook.com/events/554451047943452/?ref_dashboard_filter=calendar

■11/21(木)19時 ワンダフルエイジング研究会
講師:設楽清和先生、企画:順天堂大学 白澤卓二教授
http://event.shirasawa-labo.com/?eid=26

■12/8(日) 7時半「整体師篠田先生と行く高尾山!」【終了】
企画:健康長寿大作戦!
https://www.facebook.com/events/216049821902418/?ref_dashboard_filter=calendar

 

介護リスクを下げるには?

介護リスクを下げるには?

介護を受けないことが、元気で長生き(健康長寿)を目指すには、必要不可欠です!
それでは、どうすると、介護リスクを下げることが出来るのでしょうか?

 

<介護を受ける原因>
*アルツハイマー病など認知症
*生活習慣病(脳梗塞、糖尿病等)、ガンの後遺症
*ロコモシンドローム(筋肉、関節の機能低下)

介護リスクを下げる対策の基本は、生活習慣病、ガンのリスクを下げる対策と同じです。
まだ発症する前の段階で、加齢とともに、徐々に症状は進行している場合が多いので、生活習慣を出来るだけ、改善することが大前提となります。

 

<腸内環境悪化と運動不足が介護リスクを高める!>
腸内環境が悪化すると、腸内壁が欠損して、血管に未消化物が流入します。
血管に未消化物が流入すると、赤血球が連鎖するので、血液の流れが滞り、細胞や血管に脂肪分が蓄積しやすくなります。
これに運動不足、デトックス不足が重なると、過剰に脂肪分が蓄積して、内臓脂肪症肥満、動脈硬化となります。
内臓脂肪が過剰に蓄積すると、動脈硬化を引き起こし、糖尿病、心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)などの生活習慣病になり易くなります。
脳梗塞、糖尿病等の後遺症、アルツハイマー病などの介護を受けるリスクも高まります。

033709
(*)甘い物の食べ過ぎは、自殺行為です!


腸内環境の悪化

  ⇓
血管への未消化物の流入 + 運動不足(*)
  ⇓
内臓脂肪の蓄積(内臓脂肪型肥満)
  ⇓
動脈硬化の進行
  ⇓
糖尿病、心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)
  ⇓
介護状態(脳梗塞、糖尿病等の後遺症、アルツハイマー病)
.

<動脈硬化とは?>
動脈硬化とは、血管の内側に、悪玉コレステロールが付着することで、血管の壁が硬く、ぶ厚くなり、血液の通り道が狭くなって血液の供給が悪化する症状です。
動脈に限らず、全身の毛細血管に至るまで、血液の循環が悪くなりますので、全身の臓器障害を引き起こす避けるべき症状です。
動脈硬化は、誰でも年齢とともに少しずつ進行しますが、動脈硬化を急速に進行させるのが、腸内環境の悪化による内臓脂肪型肥満です。

<メタボリックシンドロームとは?>
内臓脂肪型肥満、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上を合わせ持った状態を「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」といいます。
内臓脂肪型肥満、高血糖、高血圧、脂質異常は、それぞれが別々に進行するのではなく、相関関係があります。
それらの進行を抑えるのが、生活習慣(食生活、運動)の改善です。

<関連HP>
全ての病気の原因は消化不良から!
どういう運動が健康長寿に良いのか?

ストレッチ

赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!

赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!

赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!
(記事提供: 『いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣』の著者 赤須知美先生)

赤ちゃんすべすべぽちゃぽちゃしたほっぺや、可愛らしい小さな手足。。。
触りたくなりますよね?
赤ちゃんの足

ペットだって、犬でもネコでも飼い主さんは抱っこしている時、撫でている時は癒されていますよね?

科学的にも実証された実験ですが、赤ちゃんやペットに触れるときに免疫力が上がるそうです。
因みに、ぬいぐるみの動物でも実験したところ、情緒が安定し、気持ちが安らいだそうです。

でも、生きた動物の方が、免疫力が高まったようです。
ますます、ペットのありがたみが感じられますね。

ちなみに、うちにもお年寄りの猫がいるのですが、ふさふさの毛並みで、丸くなったりちょこんとおすまししたりするその姿を見ると、思わず抱っこしてしまいます。

こちらのわがままですが、何も言わずにそれを受け入れておとなしくしていてくれる。
それが良いのかもしれませんね。

(^-^)
ダックスフンド

 

<赤須知美先生の笑顔に関する投稿>
◆ いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣(元ミス日本 スマイル 赤須知美 著)
◆ なぜ、笑顔が美容と健康にいいのか?
◆ 笑顔が免疫力を向上させる!
◆ 笑顔で活性酸素を退治する!
◆ 笑顔が消化吸収を良くする!
◆ 赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!
◆ 「なぜ笑顔が美容と健康に良いのか?」オープン記念セミナー
.

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

人が感動するのは、どういう時か?

人が感動するのは、どういう時か?

人が感動するのは、どういう時か?
(2013年9月22日 メルマガより)

 

現在ミャンマーのヤンゴンに出張で来ています!

こちらは朝の6時過ぎ。日本とは時差が2時半あります。
タイ、中国、インドなどと国境を接するミャンマーは、鎖国が長期間続いていたことから、道路・電気・ガスなどのインフラ、工業生産活動が遅れていますが、これから経済発展が期待されています。

治安も良く、国民性が穏やか、真面目、勉強熱心
いうこともあって、日本人にとっては馴染み易い国です。
ミャンマー

ミャンマーに行く飛行機の中で、楽しいことを考えていました!
(飛行機の中は、人より高いところにいるせいか、抽象度の高いことを考えるのにおススメです!)
今回、飛行機の中で、考えたテーマは
「人はどういう時に充実感を感じるのだろうか?」

他人が喜ぶ姿を思い描いて、何かに打ち込んだ時。
 その思いが、相手に伝わった時。

志、夢、目標を立てて、一生懸命努力している時。
 その目標が達成した時。

*昨日より今日、今日より明日の自分を成長させようという生き方をしている時。
 成長を実感できた時。
「そういう充実感を感じ続けていると、人は生き甲斐を感じ、充実した人生を送ったと言えるな!」
「自分の人生をそういう充実した人生にしよう!」
そして、
「周りの人も、充実した人生にするよう、お手伝いしたい!」
と思った次第です。
死ぬ間際に「生まれてきて良かった!ありがとう!」 と自分も思いたいし、そう思える人を増やしていきたいと思います!
特に、ひとつめの「他人が喜ぶ姿を思い描いて、打ち込む!」のは、良いですよね!

「困った人を助ける」
「夢を持っている人を応援する」
「素晴らしい商品を持っている会社を応援する」
「他人が喜ぶ姿を思い描いて、新しいアイデア・新しい商品開発・新しい事業を考える」

など、日常生活の中で無限大にあります。

「自分もハッピーになり、他人もハッピーになる!」
、こんな良いことはありません。

そして、
そういう、「他人のために心から尽くす頑張っている人の姿を見た時に人は感動する!」ということを飛行機の中で考えていました。

そう思っていた矢先、今朝、Facebookの記事を拝見しました。
2011年「東日本大震災」当日の東京ディズニーランドで起きた感動のエピソードです!
ご覧になった方もいらっしゃるかも知れませんが、シェアさせていただきます。
不安を感じている入場者に対して、キャスト(従業員)の方々が示した素晴らしい行動
震度6を想定した防災訓練を年間、何と180日行っているそうです。
他人のために心から尽くす気持ち、地道な努力が大切だと思い知らされました。
是非ご覧ください!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=248173998667141&set=a.207566199394588.1073741828.207478639403344&type=1&theater
見れない方のために、Facebook「うるっと速報」さんの記事です。
==============================

「夢の国」であるディズニーランド
で楽しいひと時を過ごしていた人たちは突然襲う激しい揺れ
「これもアトラクションのひとつか?」と思った人もいたかもしれない。
しかし、収まるらない揺れにようやく自分たちが大地震に見舞われたことがわかった。
そうなったが最後、人は大きく動揺する。
泣き叫ぶ子供たち。
その場から逃げようと無我夢中になる人々。
広い園内が大パニックに陥ろうとした、そのとき場内に男性のアナウンスが流れた。
震災発生から約40秒が経過していた。
「皆様におしらせいたします。ただ今、地震がありました。建物のそばにいらっしゃる方は建物から離れて広いところでお待ちください。」
 
「地震と園外の状況は、確認が取れ次第、ゲストの方々におしらせします!」
そして、沈着冷静に行動する1万人のキャストたち。
「頭を守ってしゃがんでください!」
「どうぞ その場から動かず、お座りになってください!」と声をかけながら、不安で怯える来園者に駆け寄り、心身のケアを行う。
これが、70,000人もの来園者を一切混乱させず、無事避難誘導した東京デイズニーリゾートのキャストたちの活躍の始まりだった。
東京ディズニーランドでは、震度6、来場者10万人を想定した防災訓練を、年間実に、180日行っている。
加えて、5万人が3~4日過ごせるだけの食糧を備蓄している。
万が一の事態が起こり、客が怪我をしたり、最悪の死という状況に至ったりすれば、「夢の国」のブランドが嘘になる。
想定外を想定内にしておく備え。
それがあってこそ、日常を忘れて虚構世界に浸ってもらうことが可能になる。
それが本当の安心・安全。
「全てはゲストのため」。
その哲学がスタッフ一人ひとりに浸透していた。
午後3時22分には社長をトップとする「地震対策本部」が設置された。
ディズニーランド、ディズニーシー統括責任者
   ↓
エリア統括者
   ↓
アトラクション責任者
   ↓
スタッフの順にピラミッド型に構成される。
これにより、現場の判断と指揮命令がスムーズに行き来し、全社員が総力を上げて事態に対応することができた。
現場レベルで判断できない重要事項を総括本部が決定する間、全従業員の90%を占めるアルバイトスタッフが各々の活躍を見せた。
あるスタッフは店頭のぬいぐるみ「ダッフィー」を持ち出し「これで頭をお守りください」と差し出した。
防災ずきん代わりに使用してもらうためだ。
別のスタッフは、店頭販売のクッキーやチョコレートを無料で配布。
「必ず皆様のお手元に届けますので、その場に座ってお待ちください」と、混乱が起きないように声をかけながら。
これらの行動は、誰からも命令されていない。
独自に作った地震対策基本計画に基づく防災訓練で、使えそうなものは何でも使用してよく、ゲストの安全確保のためには、たとえ店舗の商品であっても率先して提供してよいとされている。
それを受け、各スタッフが自分なりに動いたのだ。
夕方、ディズニーランドには、雨が降り出し、気温10度までに冷え込んできた。
その際もスタッフたちは自主的に行動した。
お土産用のビニール袋や青いゴミ袋を雨カッパ用に提供、それでも足りなかったため、ダンボールまで取り出した。
ゴミが散乱して園の美観が損なわれることは、「夢の国」にあってはならない。
普段は食料の持参を禁止するほど、景観維持を徹底している。
なのに、美観を汚すことしかならないダンボールを持ち出した。
スタッフたちが、いかに来園者の安全第一に考えていたかがわかる。
心のケアもスタッフたちは忘れていない。
お土産袋を渡しながら「皆さん、お土産袋お持ちですか?そして皆さん、お土産袋に″隠れミッキー″(ミッキーマウスの形)がいるっていうのは ご存知ですか?よろしければ探してみてください。」
と声をかけたスタッフ。
また、シャンデリアの近くにいたため、余震の恐怖に怯える子供たちには
「皆さん大丈夫です、僕はシャンデリアの妖精ですから。
なにがあっても皆さんを守ります、大丈夫です」と明るく笑顔で話した。
スタッフだけではない。
「夢の国」を支える肝心のキャラクターたちも大活躍。
地震発生直後、パレード中だったウエストランドではパレード車が緊急停止。
自分で車から降りられない状態に。
しかし、ミニーや妖精の外国人たちは、救出されるまでの数十分間、来園者たちに手を振り続けた。
スタッフ、キャラクターの冷静かつ愛情あふれる行動が、不安の絶頂にある人々を勇気付け、なぐさめた。
夜,帰宅できない2万人がここで一夜を過ごすことになった。
まだ交通機関が不通になっている。
そんな状態で園外に出れば多くの人が路頭に迷ってしまう。
ならば園内で十分に休んでもらい、外の状況が落ち着いてから帰宅してもらおうという判断によるものだ。
早く来園者を建物内に入れたい。
しかし、そのためには、建物の安全確認が必要だった。
そこで、先に、点検が済んだディズニーシーへ移動してもらうことに。
普段、ランドとシーへの行き来は、ディズニーリゾートラインという乗り物を使用する。
だが当然、電気の供給は止まっているから動かせない。
一般道路を歩いての移動は大きく回り道になるし、その上、液状化現象を起こしている。
そこで、開園以来28年間守ってきた掟を統括本部は破ることに。
従業員専用のバックヤードと呼ばれる通路の開放である。
これにより、短距離でかつ安全にディズニーシーへと移動することができる。
そこは、配線や基盤がむき出しになった工場のような空間。
「夢の国」を支える裏側を見せることは。
しかし、スタッフが開ける扉の先に広がる光景に来園者は目を奪われた。
何百人ものスタッフがペンライト片手に両サイドに並び、
 
光の道を作っていたのだ。
2つの「夢の国」をつなぐために開放された無機質空間が、突如感動的な演出により、夢の通路へと変貌した。
来園者の安全を最大限に確保しつつ、「夢の国」のイメージも演出する。
ディズニーランドが見せた、プロが成せる術であった。
支給された毛布を使用し、無事に2万人は夜を過ごした。
非常食の温かい「ひじきご飯」もふるまわれた。
こうして、東京ディズニーランドでの長い一日が終わった。
その後、4月15日まで東京ディズニーランドは閉園した。
再開時には、ミッキーやミニーとの再会を待ちわびたファン1万人が列を成した。
ディズニーランドとディズニーシーを合わせ、年間来場者数は 約2500万人を誇る。
その驚異的な来園記録を維持する秘密が、震災対応で明らかとなった。
出典:自分ニュース
==============================
以上、「うるっと速報」さんの記事より

<ミャンマーの様子>
ミャンマー(2)
*ミャンマーは仏教国です。

ミャンマー(3)
*伝統的なミャンマーの食事。日本人の口にも合います。

ミャンマー(6)
*伝統的なミャンマーの市場。太った女性も多く、食生活は豊か。

ミャンマー(5)
*これがスクールバス!全員メタボの中学生!

.

<関連投稿>
◆ 私の夢「未来型高齢者住宅」「未来型託児所」
◆ 南雲吉則先生/感動のセミナー
.
.

————————————–

 

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

 

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

 

笑顔が消化吸収を良くする!

笑顔が消化吸収を良くする!

笑顔が消化吸収を良くする!
(記事提供: 『いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣』の著者 赤須知美先生)

笑顔の効能は沢山あるのですが、食べたものの消化吸収にも関係しています。
副交感神経優位になるので腸の機能も活発になると言ってようでしょう。
私たち人間が感じる幸福感というものは脳のメカニズムによってもたらされます。

女の子

気分が良くて精神的に安定しているとき
幸福感を持っているとき

笑顔になっていることが多くありませんか?
そんな時は脳からはセロトニンが出ています。

セロトニンの多くは腸内で生産され、消化吸収を良くする作用があります。
楽しい気分で食事をするとセロトニンの分泌が進み、消化吸収が良くなるという事ですね。

反対に、セロトニンの量が少なすぎると情緒不安定になり、免疫力の低下につながります。
むっつりしているよりは努めて笑顔の習慣を身に付けましょう!

たかが笑顔、されど笑顔。。。

いつもニコニコ笑顔で、皆さんの多くの幸せが訪れることを希望いたします~

感謝!!

笑顔

 

 

<赤須知美先生の笑顔に関する投稿>
◆ いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣(元ミス日本 スマイル 赤須知美 著)
◆ なぜ、笑顔が美容と健康にいいのか?
◆ 笑顔が免疫力を向上させる!
◆ 笑顔で活性酸素を退治する!
◆ 笑顔が消化吸収を良くする!
◆ 赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!
◆ 「なぜ笑顔が美容と健康に良いのか?」オープン記念セミナー
.

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.

笑顔で活性酸素を退治する!

笑顔で活性酸素を退治する!

笑顔で活性酸素を退治する!
(記事提供: 『いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣』の著者 赤須知美先生)

私たちは、生活が便利になった分、活性酸素の被害にさらされています。
電磁波、食品添加物、排気ガス、たばこ、過剰な運動、ストレス、栄養不足、そして、放射能は、飛行機に乗ってもレントゲン検査をしても少量は浴びてしまいます。
ただ、呼吸しているだけでも微量は発生しています。
活性酸素の害から体を守るのは、皆さんもご存じのお降り、抗酸化物質ですね。
抗酸化物質をたくさん取る、量だけでなく、種類もそろえましょう。

代表的なものは、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール類などです。
しかし、それらは体内で思うように活躍するには、連係プレーが必要なのです。
ある種を除き、単体ではあまり意味がありません。
そして、サプリメントには、ベースサプリメントと、アディショナルサプリメントがあるのをご存知ですか?ベースサプリメントは、生きていくうえで体内の代謝に必ず必要なものです。アディショナルサプリメントはベースサプリメントで体調がある程度』整った後に取り入れると無駄なく体が利用できるので効果的です。
ですから、まずはマルチビタミンミネラルを取り入れると良いでしょう。
食事は伝統的な和食中心のものや、オリーブオイルを使ったイタリアンや、北欧の発酵食品も良いかもしれません。沢山の種類を取ることが大切です。
笑顔を無理なく続けられる精神状態にすることでストレスの少ない生活をする。
活性酸素を減らす生活をしていると体が元気に若返ってきます。
(^-^)

活性酸素を退治する

笑顔で活性酸素を退治する!

 

<赤須知美先生の笑顔に関する投稿>
◆ いつも「きれい」と言われる笑顔の習慣(元ミス日本 スマイル 赤須知美 著)
◆ なぜ、笑顔が美容と健康にいいのか?
◆ 笑顔が免疫力を向上させる!
◆ 笑顔で活性酸素を退治する!
◆ 笑顔が消化吸収を良くする!
◆ 赤ちゃんやペットに触れると免疫力が高まる!
◆ 「なぜ笑顔が美容と健康に良いのか?」オープン記念セミナー
.

.
————————————–

【メルマガご登録のお願い】
「若返りメルマガ」という無料のメルマガも配信しています。毎回10-15秒で読めるもので、私が真剣に学び、実践してきた健康情報をコンパクトにまとめています。ブログの上部欄で登録出来ますので、ご登録がお済で無い方は、是非登録をお願いします!

【Facebookページ「いいね!」のお願い】
Facebookを登録されていらっしゃる方は、「健康長寿大作戦」のFacebookページに「いいね!」ボタンのご協力をお願いします。こちらでも情報配信をしております。
https://www.facebook.com/choju.daisakusen
————————————–
.